一般用語

今さら聞けないブラフとは?意味や「嘘」との違いも解説!

ブラフ
まさひろ
まさひろ

また負けた!中々ポーカーで勝てない!

なな
なな

ふふふ、ポーカーはブラフが大事なのさ

 

この「ブラフ」について解説します。

 

スポンサードリンク

ブラフとは?

ブラフ」とは「ハッタリ」という意味です。

語源は英語の「bluff」で「虚勢」、「はったり」といった意味になります。

主にポーカーなどのゲームで用いられる言葉で、「ブラフをかける」といった使い方をします。

ブラフの使い方

まさひろ
まさひろ

いくつかブラフの例をみてみよう

人に絡まれた時のブラフ例

例えば、不良に絡まれた際に、本当はそんな人物はいないにも関わら、「俺のバックにはもっと強い奴がいるぞ」と牽制して相手を躊躇させることを「ブラフにかける」といいます。

ブラフがうまく通って相手に恐怖心を与えることができれば、何もされずにその場をやり過ごすことができます。

ポーカーでのブラフの例

トランプゲームのポーカーにおいて「ブラフ」は非常に重要です。

ポーカーは、カードを交換してできた役で戦い、勝てば相手と自分が掛けていた金額をもらえるというルールのゲームになっています。

 

ポーカーでは、カードを交換して作った役で強ければ勝負、弱ければ降りるというのが基本的な戦略です。

ただし、この際に手持ちの役が弱いにも関わらず、あえてどんどん掛け金を吊り上げていくと、対戦相手は「こちらが強い役を作ったのだろう」と考えて降りてしまうので、それまでに掛けられたお金を取ることができます。

これも「ブラフにかける」例です。

まさひろ
まさひろ

ナナはブラフばかりかけてくる

なな
なな

ブラフがないポーカーなんてポーカーじゃないよ

ブラフと嘘の違い

ブラフと嘘は非常に似ている言葉ですが、ブラフは「あえて誇張した嘘」という違いがあります。

なな
なな

戦略的な嘘がブラフだよ

スポンサードリンク

ブラフの例文

「ブラフに怖気付く」

「見え見えのブラフをつく」

「ブラフを張る」

まとめ

ブラフ」は「ハッタリ」という意味。

主にポーカーなどのゲームでブラフは使われることが多い。

「ブラフ」は「嘘」の一部で、戦略的な嘘のことをさす。

 

以上、「ブラフ」の解説でした。

 

まさひろ
まさひろ

お、おれの手持ちのカード強いから全部の金額かけるぜ…

なな
なな

バレバレのブラフだ…