カタカナ語

おしゃれイズムの「ism(イズム)」とは?意味や使い方を解説!

イズム

社長のイズムがまだ社内に浸透していない

このように使われる「イズム」という言葉をご存知でしょうか?

 

TVにも「おしゃれイズム」という番組があるように、「〇〇イズム」という形で使われることが多いです。

聞いたことはあっても、詳しい意味はわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

この記事ではこの「イズム」についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「イズム」とは?

イズム」とは「主義、主張」という意味です。

「〇〇イズム」という使われ方がされ、〇〇には人や会社などが入ります。

例えば「トヨタイズム」といえば、「トヨタ独自の考え方・理念」といった意味になります。

「イズム」の由来

「イズム」は英語の接尾語である「ism」に由来します。

これは語尾につけることで「〇〇主義」を意味する言葉で、

・animism(アニミズム):自然界のすべてに魂がやどるという考え

・egoism(エゴイズム):利己主義

・mentalism(メンタリズム):心理主義

・occultism(オカルティズム):超自然的な力や現象の存在を信じること

など多数存在します。

 

なおTV番組名である「おしゃれイズム」は、「おしゃれ至上主義」を意味する造語です。

単体で「イズム」を使う際には「考え方」といった意味で、社長のイズムといえば、「社長の考え方」になります。

 

次は「イズム」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「イズム」の使い方・例文

「イズム」は以下のように使われます。

例1:「社員にはトヨタイズムを教えた」

例2:「仲の良さが嵐イズム」

例3:「野球少年にはイチローイズムを教えるべき」

「イズム」のまとめ

ここまで「イズム」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「イズム」についてまとめておきます。

「イズム」とは「主義・主張」という意味。

語源は「主義」を意味する接尾語の「ism」

「〇〇イズム」のように使われ、「〇〇の考え方」といった意味をもつ。

 

以上、「イズム」の解説でした。