アイドル用語

ライブ用語の『対バン』とは?意味や使い方を解説!

バンド

久々に対バン観戦!

このように使われる「対バン」という言葉をご存知でしょうか?

ライブ界隈ではよく見かける言葉ですが、くわしい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「対バン」の意味・使い方・由来について解説します。

スポンサードリンク

「対バン」とは?

対バン」とは「複数のアーティストが共演するライブのこと」です。

簡単に言えば「タイアップ」になります。

「ロックフェスティバル」に代表される「フェス」の場合は「対バン」とはいわず、主にライブハウスにおける共演が「対バン」に該当します。

反対にアーティストが一人で行うライブは「ワンマンライブ」と呼ばれます。

「対バン」を行うことで新しいファン層の獲得や、全体的な動員観客数の向上が望めます。

特にまだメジャーになっていないバンドの場合は「対バン」形式でファンを獲得していくケースが多いです。

「対バン」の語源・由来

「対バン」の由来は諸説あります。

有力なのは「対」という漢字を使っていることから「対決」や「対抗」という意味に由来するという説です。

ただ現在では「対決」の意味で「対バン」が使われているケースは少なく、単に共演することを「対バン」と呼んでいることがほとんどです。

 

次は「対バン」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「対バン」の使い方・例文

「対バン」は以下のように使われます。

「今週末対バンを観に行く」

「有名な人と対バンすることになった」

「今回の対バンも最高でした!」

「対バン」のまとめ

ここまで「対バン」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「対バン」についてまとめておきます。

「対バン」とは「ライブにおけるアーティストの共演」のこと。

「フェス」の場合には「対バン」とは言われず、ライブハウス規模でのアーティストの共演が「対バン」になる。

「対」は「対決」に由来するという説が有力だが実際に対決を行うことはなく、単に共演することを「対バン」という。

 

以上、「対バン」の解説でした。