校正用語

校正用語の『トルツメ』とは?意味や使い方を解説!

トルツメ

ここはトルツメで

このように使われる「トルツメ」という言葉をご存知でしょうか?

 

出版会社に勤めている方にとってはよく見かける言葉ですが、初めて見た際にはなんのことだかわからないかと思います。

仕事の中で「〇〇トル」という指示をされることもあるので覚えておきたい言葉です。

 

この記事ではこの『トルツメ』の意味や由来、使い方について解説します。

「トルツメ」とは?

トルツメ」とは校正用語で「文字を削除する」という意味です。

例えば「私は野球部に3年間所属していました」の「3年間」を「トルツメ」すると、「私は野球部に所属していました」になります。

文字を「取って詰める」ことから「トルツメ」と呼ばれます。

略されて「トル」と書かれることも多いです。

「トルママ」、「トルアキ」とは?

「トルツメ」の類語は「トルママ」、「トルアキ」になります。

「トルママ」、「トルアキ」の意味

トルママ:取って開けたままにする

トルアキ:取って空きをつけた状態を維持する

どちらも意味は同じで、「文字を削除した後に詰めずに間を空けたままにする」ことを意味します。

例えば「東京所属:フリーランス」の「:」を「トルママ」または「トルアキ」すると、「東京所属 フリーランス」になります。

「トルツメ」とは異なり、空白が維持されていますね。

 

次は「トルツメ」の使い方を例文でみていきます。

「トルツメ」の使い方・例文

「トルツメ」は以下のように使われます。

例1:「ここトルツメよろしくね」

例2:「トルツメするとバランスがおかしいのでトルママにしよう」

例3:「新人にトルツメを指示したが、トルツメの意味を聞かれてしまった」

「トルツメ」のまとめ

ここまで「トルツメ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「トルツメ」についてまとめておきます。

「トルツメ」とは校正用語で「文字を削除する」という意味。

文字を取って詰めることから「トルツメ」と呼ばれる。

文字を削除後に間を詰めずに空けたままにすることは「トルママ」、「トルアキ」という。

 

以上、「トルツメ」の解説でした。