一般用語

『蛮カラ(バンカラ)』とは?意味や使い方を解説!

バンカラ少年

バンカラな男性が好み

このように使われる「バンカラ」という言葉をご存知でしょうか?

ネットなどでたまに見かける言葉ですが、くわしい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「バンカラ」の意味・使い方について解説します。

スポンサードリンク

「バンカラ」とは?

バンカラ」とは「外見よりも内面を重視する古風な人」のことです。

明治時代には当時の流行の最先端を表す「ハイカラ」と呼ばれる人たちがいました。

この「ハイカラ」は今では「オシャレ」というイメージのある言葉ですが、当時は「西洋かぶれ」、「キザ」といった皮肉の意味も込められていました。

こうした「ハイカラ」を嫌う人たちから生まれたのが「ハイカラ」のアンチテーゼである「バンカラ」です。

「バンカラ」の外見的な特徴は以下の通りです。

・学ラン

・下駄履き

・ポケットにしのばせた手拭い

・ボサボサの髪の毛

内面を重視する「バンカラ」はファッションなどには無頓着です。

この「バンカラ」に対して「ハイカラ」は「ネクタイ」、「ハンカチ」などの洒落た格好をしています。

「バンカラ」は下駄履きなどの格好から不良のような怖いイメージを持たれがちですが、元々はエリート層の硬派な人を表します。

性格もいじめなどをする不良ではなく、真面目で一途な性格です。

現在の「バンカラ」についている不良というイメージと少し異なる点に注意が必要です。

 

次は「バンカラ」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「バンカラ」の使い方・例文

「バンカラ」は以下のように使われます。

「バンカラは男子校にありがちである」

「硬派なバンカラを気取る」

「バンカラな校風の学校に入学した」

「バンカラ」のまとめ

ここまで「バンカラ」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「バンカラ」についてまとめておきます。

「バンカラ」とは「外見よりも内面を重視する古風な人」のこと。

明治時代に当時最先端であった西洋風の格好をしている人「ハイカラ」のアンチテーゼとして「バンカラ」が生まれた。

本来のバンカラは「真面目で一途」といった意味をもつ。

 

以上、「バンカラ」の解説でした。