ビジネス用語

「ボトルネック」とは?意味と使い方を解説

ボトルネック
まさひろ
まさひろ

なかなかプロジェクトが思うように進んでないね

ゆうすけ
ゆうすけ

人材不足がボトルネックになっていると思う

 

この「ボトルネック」について解説します。

 

スポンサードリンク

ボトルネックとは?

「ボトルネック」とは仕事や作業の進行を遅らせている要因のことです。

英語では「bottleneck:瓶の首、狭い通路」の意になります。

「金額面がネックなんですよね」のように、「ネック」と略されて使われることも多いです。

主に「ボトルネック」は「ビジネス」や「回線速度」に関して用いられます。

ボトルネックの由来

ボトルネック「ボトルネック」の由来はbottle(瓶)とneck(首)からきています。

瓶の首というのは、先端の空いている箇所を指します。

この先端の部分が狭いと水の流れがわるくなることから生まれた言葉が「ボトルネック」です。

 

砂時計で考えるとわかりやすいです。

砂時計砂時計の真ん中の隙間が完全に閉まっていれば、砂は永遠に移動できません。

この狭くなりすぎている部分が「ボトルネック」です。

 

ゆうすけ
ゆうすけ

「ボトルネック」の例をみてみよう

ボトルネックの使い方

ふさぎ込む女性「ボトルネック」はどのように使われるのでしょうか?

人材不足がボトルネックになっている

プロジェクトの進行は様々な要因に影響されます。

仮に「十分な資金」、「設備」等が集まっていたとしても、肝心の作業ができる人材がいなくてはプロジェクトは全く進められません。

このような場合に「人材不足がボトルネック」と言います。

CPUがボトルネックになっている

回線速度はいくつかの要因によって決まります。

回線速度を左右するものは下記が挙げられます。

・プロバイダー

・CPU

・ケーブル

・周りの住人の回線の使用量

回線速度はこれらの全てが正常でないと遅くなってしまいます。

原因が1つであったとしても、その1つに合わせる形で速度は低下します。

仮に、CPUの性能が低くて十分な速度が出せなくなっている場合、「CPUがボトルネックになっている」と言います。

スポンサードリンク

ボトルネックの使い方・例文

「業務をする上でのボトルネックを調査する」

「プロジェクトにおいて人材不足がボトルネックになっている」

「CPUがボトルネックで回線速度が遅い」

ボトルネックのまとめ

ボトルネック」は「仕事や作業の進行を遅らせている原因」のこと。

「金額面がネック」のように、「ネック」と略されて使われることも多い。

主に「ボトルネック」は「ビジネス」や「回線速度」に関して用いられる。

 

以上、「ボトルネック」の解説でした。

 

まさひろ
まさひろ

自分がボトルネックにならないように頑張らなきゃ