ビジネス用語

『頭を垂れる』とは?意味や「実るほど頭を垂れる稲穂かな」も解説!

頭を垂れる

深々と頭を垂れた

このように使われる「頭を垂れる」という言葉をご存知でしょうか?

諺(ことわざ)の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」にも使われており、座右の銘にしている人も多くいます。

 

この記事ではこの「頭を垂れる」の意味や由来、使い方を例文付きで解説します。

「頭を垂れる」とは?

頭を垂れる」とは「頭を下げる」という意味です。

読み方は「こうべをたれる」になります。

例えば「深々と頭を垂れた」といえば、「深々と頭を下げた」と言い換えることが可能です。

「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の意味や由来は?

「頭を垂れる」を使った諺(ことわざ)は「実るほど頭を垂れる稲穂かな」が有名です。

俳優の『神木隆之介さん』などもこの諺(ことわざ)を座右の銘にしているようです。

 

この諺(ことわざ)は「熟練者ほど謙虚であれ」という意味です。

稲は成長して実がつけばつくほどその重みでしなり、頭を下げたような形になります。

たくさん実った稲穂

この様子から「人間は偉くなるほど態度が横柄になることが多いが、この稲穂のように謙虚でいたいものである」という意味が込められて使われるようになりました。

 

次は「頭を垂れる」の使い方を例文でみていきます。

「頭を垂れる」の使い方・例文

「頭を垂れる」は以下のように使われます。

例1:「頭を垂たれるよりほかはなかった」

例2:「残念そうにしょぼんと頭を垂れる」

例3:「偉くなるにつれ頭を垂れることができる人は少なくなる」

「頭を垂れる」のまとめ

ここまで「頭を垂れる」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「頭を垂れる」についてまとめておきます。

「頭を垂れる」とは「頭を下げる」という意味。

諺(ことわざ)の「実るほど頭を垂れる稲穂かな」は、成長して実がつくことでしなった稲のように、偉くなっても謙虚な気持ちを忘れてはいけないという意味を持った諺(ことわざ)。

 

以上、「頭を垂れる」の解説でした。