アイドル用語

アイドル用語の「現場」とは?意味や使い方、由来を解説!

現場

「現場」という言葉をご存知でしょうか?

アイドルファンがよく使う言葉ですが、どういう意味なのかわからない方も多いかと思います。

今回はこの「現場」について解説します。

スポンサードリンク

「現場」とは?

現場」は「げんば」とよみます。

これは「コンサートや舞台などのイベントが実際に行われる会場」を指す言葉です。

「現場に行く」とはイベント会場に行く事を意味します。

「現場」の対義語の「在宅」は現地には行かないで家で観戦する人のことです。

 

次は「現場」の使い方をみていきます。

「現場」の使い方・例文

「現場」は以下のように使われます。

例文1
ありさ
ありさ

YouTubeにもライブ動画載ってます!

気になった方いたら是非現場きてください!

この例文は売り出し中の歌手などがよくするツイートです。

「ライブ映像をみるのもいいけど、実物もぜひ見にきてね!」といった意味になります。

例文2
ようこ
ようこ

今回は仕事の都合で現場行けなさそうなので、在宅で見守ります。

例文3
ありさ
ありさ

最近は現場に女の子増えてきて嬉しい

スポンサードリンク

「現場」の由来は?

本来の「現場」には「物事が現在行われている、または実際に行われたその場所」といった意味があります。

アイドルオタク用語としていつから使われているのかは不明ですが、「会場」よりも「現場」の方が臨場感が伝わるため使われているようです。

「現場」のまとめ

ここまで「現場」の意味、使い方、由来について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「現場」についてまとめておきます。

現場」とは「コンサートや舞台などのイベントが実際に行われる会場」のこと。

「現場」の対義語の「在宅」は現地には行かないで家で観戦する人という意味。

 

以上、「現場」の解説でした。