オタク用語

アイドルヲタ用語の『ケチャ』とは?意味や由来、使い方を解説!

ケチャ

ケチャ揃ってて盛り上がった

このように使われる「ケチャ」という言葉をご存知でしょうか?

 

「ケチャ」はアイドルのライブにおいて恒例にもなっているヲタ芸の1つです。

この記事ではこの『ケチャ』の意味、由来、使い方について解説します。

「ケチャ」とは?

ケチャ」とは「ライブ中にメンバーに向けて手を捧げ出す動作」です。

ヲタ芸の1つで、ファンからメンバーへの愛情を示す表現として使われています。

「ケチャ」はライブ中の「落ちサビ(伴奏の音量を落としてボーカルを目立たせたサビ)」の部分で行われることが多いです。

「ケチャ」の種類

「ケチャ」にはいくつかの種類があります。

「パンケチャ」

手を叩いてそのままメンバーに振りかざす行為。

手を叩く際に「パン」となることから「パンケチャ」と呼ばれます。

「指差しケチャ」

字面の通り、メンバーに向けて人差し指を向ける行為です。

「背面ケチャ」

ステージを背に向けえびぞりのような状態で手を振りかざす行為。

イナバウアーのような格好で行われます。

「ケチャ」の由来

「ケチャ」はバリ島の「ケチャダンス」に由来しています。

「ケチャダンス」はバリ島で最も知名度が高い舞踊で観光客からもとても人気です。

 

 

次は「ケチャ」の使い方を例文でみていきます。

「ケチャ」の使い方・例文

「ケチャ」は以下のように使われます。

例1:「ケチャのおかげでライブが盛り上がる」

例2:「チェキで指差しケチャしてもらえて嬉しい」

例3:「特技は綺麗な背面ケチャです!!」

「ケチャ」のまとめ

ここまで「ケチャ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「ケチャ」についてまとめておきます。

「ケチャ」とは「ライブの中でアイドルに向かって手やペンライトを振る行為」

バリ島の「ケチャダンス」に由来する。

ライブの中でも落ちサビで「ケチャ」が行われることが多い。

 

以上、「ケチャ」の解説でした。