オタク用語

ジャニオタ用語の『量産型オタク』とは?意味や、使い方を解説!

レース

量産型オタクになりたい

このように使われる「量産型オタク」という言葉をご存知でしょうか?

ジャニーズファンなどがよく使う言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「量産型オタク」の意味・使い方について解説します。

「量産型オタク」とは?

量産型オタク」とは「イベント会場で同じような髪型・服・靴を身に着けた可愛らしいオタクの女の子」のことです。

基本的にアニメや漫画などの2次元オタクではなく、ジャニーズファンなどの3次元が好きな女性のオタクに対して用いられる言葉です。

通常「オタク」と聞くと「外見に気を使わない」といったマイナスなイメージがありますが、この「量産型オタク」は「定番を着こなしている」といった意味合いが強く、お洒落な人として認識されることも多いです。

インスタグラムには「#量産型オタク」というハッシュタグが存在しているため、これをみると実際にどんな格好をしているのかがよくわかります。

 

「量産型オタク」の好む定番ブランドは『Ank Rouge』や『evelyn』で服装には、

・ピンクのリボン

・フリフリのフリル

などのガーリッシュなものを取り入れること多いです。

 

次は「量産型オタク」の使い方をみていきます。

「量産型オタク」の使い方・例文

「量産型オタク」は以下のように使われます。

例文1
なな
なな

今日は量産型ファッションにしてみた

ありさ
ありさ

フリル似合ってるね♪

例文2
ありさ
ありさ

量産型オタクになってみたい

なな
なな

パステルカラーにフリルとか揺れるものを取り入れるといいかんじになるよ♪

「量産型オタク」のまとめ

ここまで「量産型オタク」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「量産型オタク」についてまとめておきます。

「量産型オタク」とは「同じような服装・行動をしているオタクの女の子」のこと。

大量生産によって同じものを生み出す「量産」に由来する言葉。

インスタグラムには「#量産型オタク」というハッシュタグもあり、ピンクのリボンやフリルなどのガーリッシュな格好が多い。

 

以上、「量産型オタク」の解説でした。