ビジネス用語

「レバレッジ」とは?意味と使い方をわかりやすく解説!

レバレッジ
まさひろ
まさひろ
今後の方針どうしようか?
ゆうすけ
ゆうすけ
レバレッジを効かせた施策を打ちたいね

 

この「レバレッジ」について解説します。

 

スポンサードリンク

レバレッジとは

レバレッジ」とは「てこの作用」という意味です。

英語では「leverage:てこ」の意になります。

「てこの原理」のように「小さな力で大きなものを動かす」という意味でよく用いられます。

まさひろ
まさひろ
少ないコストでより成果を出そうと言った文脈で多く使われるよ

投資におけるレバレッジ

投資分野において、この「レバレッジ」という言葉をよく見かけます。

投資における「レバレッジ」は、「元手に対してどれだけの金額を動かせるか」を表します。

例えばFXでは、元手が10万円でも取引では100万円のように数倍の取引ができる仕組みがあリます。

これはレバレッジが10倍となります。

 

なぜ元手以上の取引ができるかというと、外資通貨はある程度安定しており、元手が低い状態ではほとんど金額が動かないため、こういった仕組みができています。

ただし取引額の上昇分、リスクも高まる点には十分な注意が必要です。

まさひろ
まさひろ
レバレッジが高いから得をするということではないんだ

ビジネスにおけるレバレッジ

ビジネスにおいても「レバレッジ」という用語は使われています。

ビジネスにおける「レバレッジ」は「少ない労力で結果を出す」という、「てこの原理」に近い意味合いになります。

上司から「もっとレバレッジを効かせて仕事をしろ」と言われたら、「効率よく働け」と言われていると考えましょう。

ゆうすけ
ゆうすけ
最小限のコストで最大限の効果が出るビジネスが一番理想的だね
スポンサードリンク

レバレッジを用いた例文

「レバレッジ200倍」

「レバレッジを効かせて頑張りましょう」

「レバレッジの高いビジネス」

まとめ

レバレッジ」とは「てこの作用」のことで、「小さな力で大きなものを動かす」という意味。

FXにおけるレバレッジは元手に対してどれだけの金額を動かせるかを表す。

ビジネスにおいては、少ない労力で大きな成果を出すといった意味で用いられる。

 

以上、「レバレッジ」の解説でした

 

まさひろ
まさひろ
レバレッジはパチンコで例えるなら、1円パチンコが低レバレッジ、4円パチンコが高レバレッジにあたるよ
ゆうすけ
ゆうすけ
どちらも期待値は変わらないよね