ビジネス用語

今さら聞けない「アナリスト」とは?意味をわかりやすく解説

アナリスト
まさひろ
まさひろ
分析系の仕事ってなんていうの?
ゆうすけ
ゆうすけ
アナリストだね

 

この「アナリスト」について解説します。

 

スポンサードリンク

アナリストとは?

アナリストというとかっこいいイメージがありますが、どういった意味なのでしょうか?

くわしくみてみます。

アナリスト」とは「分析家」のことです。

語源は英語の「analysis(アナライシス):分析」になります。

○○アナリスト」は「〇〇の分析をする人」という意味です。

例えば、WEBアナリストはWEBの分析をする人になります。

もともとは証券アナリストが有名でしたが、最近では「スポーツアナリスト」、「WEBアナリスト」、「自動車アナリスト」などの様々なアナリストが存在しています。

まさひろ
まさひろ
WEBアナリストは面白そう

 

アナリストで有名なのは証券アナリストです。

証券アナリストはセルサイドアナリストとバイサイドアナリストに分かれます。

セルサイドアナリスト:証券を売る人

バイサイドアナリスト:証券を買う人

両者とも、有価証券報告書に基づく調査や、会社へのインタビューなどを通じて証券の価値を評価し、レポートにまとめることなどが主な仕事です。

このまとめられたレポートはアナリティクスレポートと呼ばれます。

 

セルサイドアナリストとバイサイドアナリストでは、解析した調査結果の使用方法が異なります。

セルサイドアナリストは投資家に情報を与え、証券の購入を促します。

対して、バイサイドアナリストは調査結果を社内のメンバーに共有し、今後の指標などに役立てます。

主にバイサイドアナリストは銀行系の会社に多く存在します。

アナリストとジャーナリストとの違い

「アナリスト」に近い言葉として、「ジャーナリスト」があります。

「ジャーナリスト」は「発信をする人」であるのに対して、「アナリスト」は「分析する人」という違いがあります。

ゆうすけ
ゆうすけ
行動派のジャーナリスト、頭脳派のアナリストと考えるとわかりやすいよ

アナリストとエコノミストの違い

また、同じく分析をする人でもエコノミストは経済に関して分析をする人を指します。

スポンサードリンク

アナリストの例文

「アナリスト」を用いた例文をみてみます。

「優秀なアナリストを抱えた会社は強い」

「一部のアナリストは例の問題を重く考えている」

「アナリストになるためには勉強が必要だ」

まとめ

アナリスト」とは「分析をする人」のこと

もともとは証券アナリストが有名であったが、最近では「スポーツアナリスト」、「WEBアナリスト」、「自動車アナリスト」などの様々なアナリストが存在している。

証券アナリストはセルサイドアナリストとバイサイドアナリストに別れる。

アナリストは分析をする人、ジャーナリストは発信をする人という違いがある。

また同じく分析をする人でも、エコノミストは経済に関して分析をする人を指します。

 

以上、「アナリスト」の解説でした。

 

まさひろ
まさひろ
アナリストってなんかかっこいい