ビジネス用語

いまさら聞けない「ケーススタディ」とは?意味と使い方を解説!

ケーススタディ
まさひろ
まさひろ

今回の事業はうまくいったね

ゆうすけ
ゆうすけ

うん、成功のケーススタディにもできそう

 

この「ケーススタディ」について解説します。

 

ケーススタディとは?

ケーススタディ」とは「具体例から学ぶこと」です。

英語では「case(事例) + study(研究)」で「事例研究」の意になります。

「ケーススタディ」は主にビジネスにおいて使われ、実際に発生した「トラブル」やその対処法を題材にして、分析をすることで今後に繋げる手法です。

また成功例、失敗例問わず、研究対象になり得る事象そのものを「ケーススタディ」とも呼びます。

 

ゆうすけ
ゆうすけ

たくさんケーススタディがあるほど他の人が楽になるよ

ケーススタディのやり方

「ケーススタディ」では、「過去に実際に起こった事例」を元に研究するやり方と、「もし〜するとしたらどうする?」という仮定の事例を研究する方法があります。

過去の事例を元にしたケーススタディのやり方

「ケーススタディ」では、「過去最高の売り上げを記録した営業社員の営業方法を研究する」など、成功事例を題材にすることが多いです。

「ケーススタディ」は一人で行うこともできますが、グループで取り組むことで各個人の意見を共有できるというメリットがあります。

仮に成功事例を元にケーススタディを行う場合には、「なぜ成功したのか?」、「どういった手法を使ったのか?」「仮に自分ならどうやっていたか?」などを「自分が当事者だったらどうしたのか?」などを考えることで、今後の営業に活かせそうな法則を導きだします。

仮定の事例を想定したケーススタディのやり方

「ケーススタディ」は必ずしも実際に起こった事例である必要はなく、仮定の事例でも可能です。

例えば、ビジネスの成功者が初心者にビジネスの説明する際に、「もし自分が同じ立場で新しく事業を始めるとしたらどのようにするか?」という仮定の事例を想定することも「ケーススタディ」です。

この方法では、教わる側からすると同じ目線での学習が可能になります。

ケーススタディのメリット

なぜ「ケーススタディ」をする必要があるのでしょうか?

「ケーススタディ」には以下のようなメリットがあります。

・リスク回避

・時間短縮

・理解の定着

リスク回避

例えば、新しくビジネスを始めることになった際などに「ケーススタディ」が有効です。

通常、新しくビジネスを始める際には必ずといっていいほど何らかの問題が発生します。

この際に、事前に同様事業の失敗例の「ケーススタディ」を学んでおけば、同じ失敗を回避することができます。

時間短縮

「ケーススタディ」では、過去の人が導きだした、「成功の秘訣」を学ぶことができます。

もちろん、未知の分野であれば自分で失敗をしながらやり方を探って行く必要がありますが、すでに同じ分野において成功事例がいるのであれば、その方法を真似することで成功への近道をすることが可能です。

理解の定着

「ケーススタディ」は具体例を元にした学習方法です。

そのため、理論だけでなくより実践に近い学びができるため、理解の定着にも適しています。

ケーススタディの使い方・例文

「前回のケーススタディの結果をまとめました」

「研究のケーススタディとしてお使いください」

「大企業には多くのケーススタディがある」

まとめ

ケーススタディ」とは「実際の事例から法則を導き出す手法」のこと。

「ケーススタディ」には過去に起こった実際の事例を使う方法と、仮定の事例を使う方法がある。

「ケーススタディ」には、「リスク回避」、「時間短縮」、「理解の定着」といったメリットがある。

 

以上、「ケーススタディ」の説明でした。

 

まさひろ
まさひろ

日頃からケーススタディをまとめておくとあとで便利