一般用語

『ネオニート』とは?意味や使い方を解説!

ネオニート

ネオニートに憧れている

このように使われる「ネオニート」という言葉をご存知でしょうか?

ネットなどでたまに見かける言葉ですが、くわしい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「ネオニート」の意味・使い方について解説します。

スポンサードリンク

「ネオニート」とは?

ネオニート」とは「ニートような生活をしながら収入源を持つ人」のことです。

「新しい」という意味の「Neo(ネオ)」に、「働いていない人」という意味の「ニート」が組み合わさって、ニートのように働かない生活をしながら収入源のある人を「ネオニート」と呼びれています。

「ネオニート」になるには?

働かずに収入源があるという夢のような生活を送る「ネオニート」ですが、どのようにすればなれるのでしょうか?

「ネオニート」は会社に属していないため、個人で稼ぐ必要があります。

例えば以下のような個人で稼ぐ方法があります。

・株式投資

・FX

・不動産所有

・Youtuber

・インフルエンサー(インスタグラマーなど)

・アフィリエイター

・パチプロ

「ネオニート」の語源・由来?

「ネオニート」という言葉が認知されるようになったのは2005年です。

テレビ東京による『給与明細』という深夜番組にて株のトレードで生計を立てる「矢野博

という男性が「ネオニート」として紹介されたことで広く浸透しました。

 

次は「ネオニート」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「ネオニート」の使い方・例文

「ネオニート」は以下のように使われます。

「将来の夢はネオニートです」

「私の活動はネオニートのファンによって支えられている」

「実はネオニートにはプロ顔負けの財テクを持った人が多い」

「ネオニート」のまとめ

ここまで「ネオニート」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「ネオニート」についてまとめておきます。

「ネオニート」とは「ニートのようでありながら一定の収入を持つ人」のこと。

「Neo(ネオ)」には「新しい」という意味があり、働かない人という意味の「ニート」につけることで、「働いていないのに一定の収入がある」という新しい形式のニートを表す。

「ネオニート」の収入源はネット収入であることが多い。

 

以上、「ネオニート」の解説でした。