一般用語

劇場版『SHIROBAKO』のネタバレ感想とあらすじまとめ!

SHIROBAKO

ついに公開された劇場版『SHIROBAKO』

4年前に大好きだった作品の劇場版ということで早速観に行ってきました。

先に感想をお伝えしてしまうとめちゃめちゃ面白かったです!

 

4年前のTVシリーズで大団円を迎えた『SHIROBAKO』がどんな作品になるのか楽しみにしていたのですが、かなりの鬱な展開から始まるという衝撃の始まり方、、

この始まりを見て『SHIROBAKO』という作品が良い面だけでなく悪い面にも追求しているリアル志向の作品だということを思い出しました。

 

今回はそんな『SHIROBAKO』の感想について語っていきます。

ネタバレの感想が少々含まれているのでご注意ください

 

なおこの劇場版『SHIROBAKO』はTVアニメシリーズから4年後という設定の完全新作になっています。

ぜひ劇場版を観に行く前にTVアニメシリーズを観ておくことをオススメします。

 

>>SHIROBAKOを無料で視聴できる配信サイトはこちら

劇場版『SHIROBAKO』のあらすじ

劇場版『SHIROBAKO』はTVアニメシリーズから4年後を描いた作品。

TVアニメシリーズの最終回では大団円で終えて、順風満帆に見えた武蔵野アニメーションでしたが、スポンサー絡みのとある事件によって製作予定だったオリジナルアニメが製作中止になるという悲劇に見舞われます。

 

この事件によって社長の退任やムサニ所属メンバーも他の製作会社へ移る始末。。

何よりもみんなで作り上げていたオリジナルアニメが製作中止になったことによるメンバーへの精神的ダメージは大きく、なかなか立ち直れない状況に。

 

この件もありムサニは元請けの案件がなくなってしまい、必ずしも自分たちの作りたいものではないアニメーションも作らなければならなくなったことで宮森あおいも時折複雑そうな表情で仕事をするようになっていました。

そんな中でとある劇場版アニメ製作の仕事が舞い込み、かつてのメンバーを巻き込みながら製作を進めていくというのが本作のあらすじです。

劇場版「SHIROBAKO」のキャスト

宮森あおい:木村珠莉

安原絵麻:佳村はるか

坂木しずか:千菅春香

藤堂美沙:高野麻美

今井みどり:大和田仁美

宮井楓:佐倉綾音

今回の劇場版で新たに追加されているのは佐倉綾音さんが演じる宮井楓です。

最初はおしとやかなキャラかと思いきや、居酒屋のシーンではいきなり乱れるなど面白い掛け合いがありました笑

他の上山高校アニメーション同好会のメンバーに関してはキャスト変更はなし!

 

当時は無名だった木村珠莉さんですが、今では結婚もされており多くのアニメ作品に出演しています。

なんと4年前に『SHIROBAKO』が始まる前のフォロワーは9人だったそうです!

『SHIROBAKO』という作品の影響力の大きさが伺えますね。

劇場版『SHIROBAKO』の見所①4年を経て成長したキャラクター

個人的に1番の見所だったのは4年を経て成長したキャラクターたちです。

宮森は前作から安定したキャラクターでしたが、特に印象的だったのは他の上山高校アニメーション同好会メンバーたちの成長です。

 

特に前作では打たれ弱い印象もあった安原絵麻や藤堂美沙ですが、今作では非常にたくましくなった姿を観ることができます。

たくましくなった絵馬とたじろぐ宮森のシーンは思わず笑ってしまいました。

 

他にも坂木しずかや今井みどりも多少の葛藤は抱えているものの、やはり非常に成長しており映画の中でもかなり活躍する姿を観れたのはすごく嬉しかったです!

劇場版『SHIROBAKO』の見所②キャラクターたちの掛け合いが面白い

これはTVアニメシリーズ同様ですが、どのキャラクターも非常に個性的なために何気ない会話も非常に楽しめました。

前半はシリアスなシーンも多かったですが、思わずくすっとしてしまうような笑えるシーンも多くありました。

また若干ミュージカル調になっており、まさかのかっこいいアクションシーンもあるので様々なキャラクターの姿が見られます。

劇場版『SHIROBAKO』の見所③本当に大切なことを思い出させてくれる

今作品では「本当に自分たちがやりたいことをやろう」ということがテーマの1つになっていたように感じます。

自分がやりたいことがあってもなかなか行動には移せないもの。

 

今作ではただ受け身になっているだけでなく、「とにかく失敗してもいいから行動する」というシーンが多くありました。

特に宮森の仕事のチャンスが来た際の即決や、自らやりたいことのために頑張る坂木しずかの行動は「動かなければ何も始まらない」ということを示していた気がします。

劇場版『SHIROBAKO』の感想まとめ

劇場版『SHIROBAKO』は一言で言えば

勇気をもらえる作品

でした。

 

特に自分たちが本当に好きなものを作りたいという熱意や、夢を叶えるために行動する姿は非常に心を打たれました。

あまり詳しくは書きませんがラストシーン付近の臨場感は鳥肌が経つほどよかったです。

 

終電ギリギリの最終上映時間で観たのですが、席はほぼ満席でその人気の高さが伺えました。

また終わった後聞こえてくる声も良かった!という声ばかり。

個人的にも最高の劇場版だったので、ぜひ『SHIROBAKO』ファンは劇場に足を運ぶことをオススメします!

 

まだアニメ版を見たことながない方はこれを機に観てみるとより劇場版も楽しめますよ!

 

>>SHIROBAKOを無料で視聴できる配信サイトはこちら