アイドル用語

ジャニーズ用語の『シンメ』とは?意味や由来、使い方を解説!

左右対称

仁亀は歴代最強のシンメ

このように使われる「シンメ」という言葉をご存知でしょうか?

 

通常アイドルグループは五人以上で組まれることが多いですが、ダンスなどをよく見ていると特定のメンバー同士がよく隣り合わせになっていることに気がつきます。

ダンスのフォーメーションは適当に決まっているわけではなく、「〇〇と〇〇は対照的にする」などある程度決め事があり、こういったよく一緒になるメンバーを表す言葉が「シンメ」です。

 

今回はそんな「シンメ」の意味・由来・使い方について例文をふまえて解説します。

「シンメ」とは?

「シンメ」とは「左右対称」という意味です。

これは英語で「対称」、「均等」といった意味を持つ「シンメリー(symmetry)」に由来します。

特にジャニーズなどのアイドル関連において使われる場合には、「ダンスにおいてステージの真ん中からみて左右対称の位置取りをしているメンバー」を意味します。

「シンメ」は大抵固定されており、ユニットなっていることも多いです。

例えばアイドルグループ『NEWS』の「手越祐也」と「増田貴久」で構成される『テゴマス』や、かつて『KAT-TUN』で一緒だった『赤西仁』と『亀梨和也』による『仁亀』などが有名です。

「シンメ」は2人で一緒に雑誌に出たり、ユニットになって歌を出したりします。

「シンメ」の決まり方

ジャニーズにおける「シンメ」はJr時代に決まります。

仲のいいメンバーが「シンメ」になるわけではなく、「シンメをやっていたから仲が良くなった」というパターンが多いです。

Jr時代に先輩の後ろで行うダンスは2人1組で行うことが多く、ここで一緒に踊るメンバーが「シンメ」になります。

 

次は「シンメ」の使い方をみていきます。

「シンメ」の使い方・例文

「シンメ」は以下のように使われます。

例1:「不仲説もあったけどやっぱり仁亀が最強シンメ」

例2:「この2人は最高のシンメになる気配がする」

例3:「推しシンメがお互いを語ってて尊い」

「シンメ」のまとめ

ここまで「シンメ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「シンメ」についてまとめておきます。

「シンメ」は「左右対称」という意味。

アイドルに使われる場合には、コンサートなどでステージ中央から左右対称になるメンバーをさす。

ジャニーズではJr時代にバックダンサーで踊る際に組まれる2人組みがそのまま「シンメ」になることが多い。

 

以上、「シンメ」の解説でした。