若者用語

若者の間で使われる「とりま」とはどういう意味?語源や使い方を解説!

とりま

若者がよく使う「とりま」という言葉。

聞いたことがあるかもしれませんが、意味がわかりにくいですよね。

 

この「とりま」について解説します。

スポンサードリンク

「とりま」とは?

とりま」は「とりあえず まあ」の略です。

「とりあえず」と「まあ」はそれぞれ以下のような意味です。

「とりあえず」の意味

①十分な対処は後回しにして暫定的に対応するさま。なにはさておき。

②将来のことは考慮せず,現在の状態だけを問題とするさま。さしあたって。

引用元:三省堂 大辞林

「まあ」の意味

① 十分ではないが、我慢できる程度であるさま。だいたい。

② 相手や自分の気持ちをなだめる語。

③ 相手にある行動をうながす気持ちを表す。

引用元:三省堂 大辞林

この「とりあえず」と「まあ」を組み合わせた「とりま」は、「自信はないけど、無難なところで〇〇にする」や「とにかくやってみる」といった意味になります。

 

ちなみに「トリマー」は動物の手入れをする職業のため、全く「とりま」には関係がありません。

「とりま」の使い方

焼肉屋での「とりま」

「とりま」の例文1
ゆうすけ
ゆうすけ

焼肉久々だね〜、何頼む?

とりま、カルビ!

これが食べたいという決め手になるものはないけど、無難なところでカルビにするといった意味で使われています。

「とにかくやってみる」という意味の「とりま」

「とりま」の例文2

近くに新しいお店ができたみたいよ

ゆうすけ
ゆうすけ

とりま行ってみようか!

このように「とりま」は「とにかくやってみる」という意味でも使われます。

 

ただし「とりま」は「ヤバイ」のような正しいとは言えない若者言葉です。

年配の方の前では使用を避けるなどTPOに応じた使い分けが必要になります。

スポンサードリンク

「とりま」を用いた例文

「とりまラーメンね」

「とりま新作試す」

「とりま13時に集合で!」

「とりま」のまとめ

とりま」は「とりあえず、まあ」の略。

「自信はないけど、無難なところで〇〇にする」や「とにかくやってみる」といった意味で使われる若者言葉。

正しい日本語ではないので、TPOに応じた使い分けが必要。

 

以上、「とりま」の解説でした。