ネット用語

ネットでよく見る「詰んだ、詰む」とは?意味、使い方、由来を解説!

詰んだ

「人生詰んだ」

このように使われる「詰んだ」という言葉をご存知でしょうか?

よくネットで見かけますが、どういう意味なのかわからない方も多いかと思います。

今回はこの「詰んだ」について解説します。

「詰んだ」とは?

詰んだ」は「つんだ」とよみます。

これは「為す術(なすすべ)がない、もう打つ手がない」といった意味です。

絶望的な状況における言葉として、ゲームから日常会話まで幅広く使われています。

 

次に「詰んだ」の使い方をみていきます。

「詰んだ」の使い方・例文

「詰んだ」は以下のように使われます。

例文1
ゆうすけ
ゆうすけ

最近乃木坂ハマりすぎじゃない?

まさひろ
まさひろ

乃木坂可愛すぎて人生詰みそう

例文2
まさひろ
まさひろ

9回裏2アウトで10点差。。

ゆうすけ
ゆうすけ

流石にこれは詰んだかな

例文3
まさひろ
まさひろ

明日テストなのに出題範囲すら知らないし詰んだ

例文4
ゆうすけ
ゆうすけ

土砂降りの中帰ろうと思ったら、傘なくて詰んだ

「詰んだ」の由来は?

詰んだ

「詰んだ」はもともと将棋用語です。

将棋において、王がどこに移動しても必ず取られてしまう状況を「詰み」と呼びます。

このように将棋の「詰み」が「もうどんな手を打っても勝てない」、「打つ手がない」という意味をもつことから、絶望的な状況に対して「詰んだ」という言葉が使われるようになりました。

詰んだの類義語

「詰んだ」の類義語には「無理ゲー」という言葉があります。

「1日で感想文20枚とか無理ゲー」のように使われ、明らかに攻略が(無理な)状況で用いられます。

無理ゲー
「無理ゲー(ムリゲー)」とは?意味、使い方、由来を解説!「こんなの無理ゲーだろ」このように使われている「無理ゲー」という言葉をご存知でしょうか?たまに見かけるけど、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。今回はこの「無理ゲー」について解説します。...

「詰んだ」のまとめ

ここまで「詰んだ」の意味、使い方、由来について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「詰んだ」についてまとめておきます。

詰んだ」とは「もう打つ手がない絶望的な状況」のこと。

将棋において、王がどこに移動しても取られてしまう状況である「詰み」に由来する。

「詰んだ」の類義語は「無理ゲー」

 

以上、「詰んだ」の解説でした。