方言

方言の『ちょす』とは?意味や使い方を例文でわかりやすく解説!

ちょす

「こら、ちょすな」

このように使われる「ちょす」という言葉をご存知でしょうか?

東北地方で使われる方言のため、初めて聞いたという方も多いかと思います。

 

この「ちょす」は文脈によって様々な意味を持つ多義語です。

今回はこの『ちょす』の意味、使い方について解説します。

「ちょす」とは?

「ちょす」には以下のような意味があります。

ちょすの意味

・構う

・触る

・からかう

「ちょす」は主に北海道や東北地方で広く使われている方言です。

例えば何かに集中しているとに使う「こら、ちょすな」は、「今忙しいからちょっかい出すな」と言い換えることができます。

 

「ちょす」のそれぞれの意味を詳しくみていきます。

「ちょす」の意味①:かまう

使用例:「ちょされるのが好き」

→「構ってもらうのが好き」

「ちょす」の意味②:触る

使用例:「スマホばっかちょすな」

→「スマホばかり触るのはやめなさい」

「ちょす」の意味③:からかう

使用例:「あんまちょしてばっかいるなよ」

→「あんまちょっかいばっかり出すなよ」

 

次は「ちょす」の使い方を例文でみていきます。

「ちょす」の使い方・例文

「ちょす」は以下のように使われます。

例1:「ちょして〜(構って〜)」

例2:「パソコンちょせる?(パソコン触れる?)」

例3:「ちょしてばっかだと嫌われるぞ(ちょっかいばかりかけていると嫌われるよ)」

「ちょす」のまとめ

ここまで「ちょす」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「ちょす」についてまとめておきます。

「ちょす」とは「構う」、「触る」、「いじる」といった意味をもつ。

北海道や東北地方でよく使われている方言。

 

以上、「ちょす」の解説でした。