若者用語

「沸いた」とは?若者がよく使う言葉の意味、由来、使い方を解説!

沸いた

「沸いた」という言葉をご存知でしょうか?

多くの方が「お風呂のこと?」と考えるかと思いますが、実は若者がよく使う「湧いた」は違った意味になります。

まさひろ
まさひろ

友達からプレゼントをもらって沸いた

こういった使い方をします。

なんのことだかわかりませんね。。

 

この「沸いた」について解説します。

「沸いた」とは?

沸いた」とは「白熱した、テンションが上がった」という意味です。

主に若者の間で使われている言葉で、『2016年ギャル語大賞』では1位に選ばれるほど浸透している言葉です。

 

それではこの「沸いた」がどのように使われるのかみていきましょう。

「沸いた」の使い方

「沸いた」は以下のように使われます。

例文1
ありさ
ありさ

宇多田ヒカルのライブすごかったね

まさひろ
まさひろ

沸いたね〜

上の例文では「白熱した」という意味で使われています。

この用法で使われることが一番多いです。

例文2
まさひろ
まさひろ

今日誕生日だろ、はいプレゼント

ありさ
ありさ

嬉しい。めっちゃ沸いた〜

この「沸いた」はテンションが上がったという意味です。

例文3
ありさ
ありさ

コメントがめっちゃ荒らされてる

まさひろ
まさひろ

荒らしが沸いたな

稀にですが、この例のように「現れた」という意味で「沸いた」が使われることもあります。

“変な奴”が現れた時に「沸いた」という表現がされることが多いです。

「沸いた」の由来は?

「沸いた」という言葉の由来は正確には判明していません。

ただ「沸いた」は「白熱」など”熱い”意味を表す言葉なので、おそらく「お風呂が沸いた」からきていると思われます。

「沸いた」のおさらい

ここまで「沸いた」の意味、使い方、由来についてみてきましたがいかがだったでしょうか?

ここまでをまとめます。

沸いた」とは「白熱した」、「テンションが上がった」という意味。

『2016年ギャル語大賞』で1位に選ばれるなど広く若者に普及している。

稀に「変な奴が現れた」という意味で使われることもある。

 

まさひろ
まさひろ

長年ネットをやってるけど、「沸いた」が「白熱した」っていう意味だなんて知らなかったなぁ

ありさ
ありさ

若者は新しい言葉を作りすぎだね!笑

 

ぜひこの「沸いた」をどこかで使ってみてください。

以上、「沸いた」の解説でした。