方言

『よかにせ』とは?意味や由来、使い方をわかりやすく解説!

よかにせ

自分の故郷以外へ旅行に行った際には、知らない方言に出くわすことがあります。

本当は褒められていても、理解できないと勿体無いですよね。

 

鹿児島弁の「よかにせ」は男性を褒める際に使われる方言です。

覚えておくと、もし言われた時に嬉しくなります。

 

この記事ではこの『よかにせ』の意味、由来、使い方について解説します。

「よかにせ」とは?

よかにせ」とは「かっこいい、ハンサム」という意味です。

男性を褒める際に使われる方言です。

例えば「よかにせやっでやな!」と言われたら、「あなたはイケメンです!」と言われているので喜んでいいでしょう。

対義語は「ぶにせ」で「ブサイクな男性」を意味します。

なお鹿児島の美人女性は「よかおごじょ」と呼ばれます。

「よかにせ」の語源・由来

「よかにせ」は「よか」「二才」で構成されます。

「よか」は鹿児島弁で「良い」、「二才」は「若い男性」を意味します。

「二才」は、青二才などでも使われていますね。

この二語を合わせた「よかにせ」は「男前」を意味する言葉になっています。

 

次は「よかにせ」の使い方を例文でみていきます。

「よかにせ」の使い方・例文

「よかにせ」は以下のように使われます。

例1:「よかにせじゃが(イケメンだ)」

例2:「顔つき変わって、よかにせどんになった(顔つき変わって男前になった)」

例3:「わっぜよかにせに会った!(かなりイケメンな人に出会った!)」

「よかにせ」のまとめ

ここまで「よかにせ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「よかにせ」についてまとめておきます。

「よかにせ」とは「かっこいい男性」を意味する鹿児島の方言。

対義語はブサイクな男性を意味する「ぶにせ」

キレイな女性を意味する鹿児島の方言は「よかおごじょ

 

以上、「よかにせ」の解説でした。