オタク用語

オタク用語の「2.5次元」とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

2.5次元

「2.5次元」という言葉をご存知でしょうか?

聞いたことはあるけれどどういう意味なのかわからない方も多いかと思います。

今回はこの「2.5次元」について解説します。

スポンサードリンク

「2.5次元」とは?

「2.5次元」はアニメ・イラストである2次元と実写である3次元の中間を示す言葉です。

例えばマンガやアニメなどの世界を、人間の役者が演じる舞台などが「2.5次元」と呼ばれます。

 

以下のような職業は「2.5次元」と称されることが多いです。

・舞台俳優:2次元の世界を動きと声で表現

・声優:声で2次元の世界を表現

 

なお、2次元の漫画・アニメ・ゲームを原作とする3次元の舞台コンテンツを製作する「日本2.5次元ミュージカル協会」という一般社団法人が2014年に設立されています。

日本2.5次元ミュージカル協会では、『テニスの王子様(通称:テニプリ)』や『刀剣乱舞』などの人気作品の舞台を行っています。

 

またアニメ・漫画・ゲームが原作の舞台に参加したことのある俳優は「2.5次元俳優」と呼ばれます。

好きな2.5次元俳優」といった特集も組まれることもあり、近年人気を博してきています。

 

次は「2.5次元」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「2.5次元」の使い方・例文

「2.5次元」は以下のように使われます。

例文1
ありさ
ありさ

2次元も3次元も好きだったので、最近は2.5次元にハマってます

例文2
なな
なな

テニミュをきっかけに2.5次元沼になりました。

「テニミュ」は「テニスの王子様のミュージカル」の略です。

「2.5次元」作品の中でも高い人気を誇ります。

「2.5次元」のまとめ

ここまで「2.5次元」の意味、使い方についてみてきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「2.5次元」についてまとめておきます。

2.5次元」とは「アニメ・イラストの2次元と実写の3次元の中間」を示す言葉。

主にアニメ・漫画などの2次元を元にした舞台などを「2.5次元」と呼ぶ

アニメ・漫画・ゲームが原作の舞台に出演したことのある俳優は「2.5次元俳優」と呼ばれる。

 

以上、「2.5次元」の解説でした。