一般用語

『アデュー』とは?意味や語源、使い方を解説!

アデュー

それじゃあまた、アデュー!

このように使われる「アデュー」という言葉をご存知でしょうか?

Youtuberが使っているのをみて、意味が気になっている方も多いかと思います。

今回はこの「アデュー」の意味・由来・使い方について解説します。

スポンサードリンク

「アデュー」とは?

アデュー」とは「さようなら」という意味です。

フランス語の『adieu(アデュ)』に由来します。

「アデュー」は「さようなら」のかっこつけた言葉として、ドラマなどで使われることが多いです。

またYoutuber『フィッシャーズ』の締めの言葉としても使われています。

「アデュー」と「アディオス」の違いは?

「アデュー」に似た言葉に「アディオス」があります。

どちらも「さようなら」という意味になりますが、「アデュー」はフランス語、「アディオス」は「スペイン語」という違いがあります。

「アデュー」の本当の意味は?

元々のフランス語の「アデュー」は、「神(dieu)の御許で(a)」になり、「さようなら、もう会うことはないでしょう」といった意味を表します。

そのため日本でお別れの挨拶などに何度も使われている「アデュー」は本来の意味からすると実は間違った用法になります。

特に恋人などに使ってしまわないように注意しましょう。

もし「またね」を表現したい場合には「チャオ」が適切です。

 

次は「アデュー」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「アデュー」の使い方・例文

「アデュー」は以下のように使われます。

「今日で音楽家志望はやめにすることにした、アデュー!」

「嫌がらせばかりしてくるアカウントをブロックした、アデュ〜」

「でかいぬいぐるみ買ったことで寝る場所がアデューした」

「アデュー」のまとめ

ここまで「アデュー」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「アデュー」についてまとめておきます。

「アデュー」とは「お別れの言葉」のこと。

語源はフランス語の「アデュ(adieu)」

本来は「永遠の別れ」と意味するため、頻繁に使われる「アデュー」は誤用である。

 

以上、「アデュー」の解説でした。