方言

関西弁の「いちびる」とは?意味、使い方、由来を解説!

いちびる男性

「いちびる」という言葉をご存知でしょうか?

関西圏でよく使う言葉ですが、どういう意味なのかわからない方も多いかと思います。

今回はこの「いちびる」について解説します。

スポンサードリンク

「いちびる」とは?

いちびる」は「ふざける、調子に乗る」という意味です。

同義語には「ちょける」があります。

 

「いちびる」と「ちょける」ですが、

いちびる:悪い意味のおふざけ

ちょける:良い意味のおふざけ(芸人のボケるに近い)

という違いがあります。

 

ネットスラングに「イキる」という「調子に乗ること」をあわらす言葉がありますが、「いちびる」はこの「イキる」に近い意味です。

イキリ
ネットでよく見る「イキリ」とは?意味や使い方を解説!「普段はおとなしいのにネットの世界では強がっている」こんな人を見たことがありませんか?「イキリ」とは「普段はおとなしいのに、調子に乗っている」という意味です。...

 

次は「いちびる」の使い方をみていきます。

「いちびる」の使い方・例文

「いちびる」は以下のように使われます。

例文1
まさひろ
まさひろ

あいつ、えらいいちびりやな(あいつだいぶ調子に乗ってるな)

例文2
ゆうすけ
ゆうすけ

いちびっとんのか?(調子に乗ってるのか?)

スポンサードリンク

「いちびる」の由来

「いちびる」は「市振り(いちぶり)」に由来する言葉です。

この「市振り」は、「競り市にて大きな声を出して値の決定を取り仕切る人」のことをさします。

この「市振り」のやかましいイメージから、「いちびる」という言葉が生まれました。

「いちびる」のまとめ

ここまで「いちびる」の意味、使い方、由来について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「いちびる」についてまとめておきます。

いちびる」とは「ふざける、調子にのる」という意味。

「調子に乗る」というマイナスなイメージで使われることが多く。ネットスラングの「イキる」に近い意味をもつ。

「いちびる」の由来は競り市を仕切る「市振り」。

 

以上、「いちびる」の解説でした。