SNS用語

ツイッターでよくみる「らぶりつ」とは?意味、由来、使い方を解説!

らぶりつ

「らぶりつ」という言葉をご存知でしょうか?

SNSでよく使われているため見かけたことはあるけれど、どういう意味なのかわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「らぶりつ」について解説します。

スポンサードリンク

「らぶりつ」とは?

らぶりつ」は「いいねとリツイート(RT)を合わせた言葉」です。

ツイッターにおいて使われています。

ツイッターのいいねはアイコンが♡のため、「LOVE(らぶ)」と呼ばれ、「りつ」は「リツイート」を略したものです。

類語は「ふぁぼりつ」で、「ふぁぼ(Favorite)&リツイート」の意になります。

「らぶりつ」を画像で表すと以下のようになります。

らぶりつ

 

次は「らぶりつ」の使い方をみていきます。

「らぶりつ」の使い方・例文

「らぶりつ」は以下のように使われます。

例文1
ようこ
ようこ

らぶりつ待ってます!

例文2
ありさ
ありさ

らぶりつお迎え行きます

お迎えとは、らぶりつ返しをするという意味です。

例文3
ようこ
ようこ

らぶりつ、自発してくれたら嬉しいな♪

自発とはフォローをするという意味です。

スポンサードリンク

「らぶりつ」の由来は?

「らぶりつ」と同じ意味の言葉に「ふぁぼりつ」があります。

元々のツイッターの「いいね」には☆が使われていました。

この頃は「らぶ」ではなく、「ふぁぼ」と呼ばれていましたが、2015年の11月に「いいねマーク」が☆から♡に変更されました。

ここから、「ふぁぼ」ではなく「らぶ」と呼ばれるようになっていったのです。

「らぶりつ」のまとめ

ここまで「らぶりつ」の意味、使い方、由来について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「らぶりつ」についてまとめておきます。

らぶりつ」とは「らぶ&リツイート」のこと。

「らぶ」はツイッターの「いいね」を意味する。

2015年11月にいいねマークが☆から♡に変わったことで、「らぶりつ」という言葉が使われるようになった。

 

以上、「らぶりつ」の解説でした。