一般用語

『マドンナ』とは?意味や使い方を解説!

マドンナ

学園のマドンナと付き合うことになった

このように使われる「マドンナ」という言葉をご存知でしょうか?

たまに耳にすることもある言葉ですが、くわしい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「マドンナ」の意味・使い方について解説します。

スポンサードリンク

「マドンナ」とは?

「マドンナ」とは、

①聖母マリア

②多くの男性のあこがれの対象となる女性

のことです。

元々の意味は「聖母マリア」で、そこから転じて「人気のある美しい女性」を指すようになりました。

 

語源はイタリア語の「ma donna」で意味は「我が淑女」です。

「ma donna」の短縮系は「mona(モナ)」で、「モナリザ」はこれに由来します。

 

日本に初めて「マドンナ」という言葉を定着させたのは、夏目漱石の『坊っちゃん』です。

この『坊っちゃん』中で主人公が憧れを抱く女性に「マドンナ」というあだ名を付けたのがはじまりと言われています。

現代ではドラマのヒロインやアイドルなどが「マドンナ」にあたります。

 

次は「マドンナ」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「マドンナ」の使い方・例文

「マドンナ」は以下のように使われます。

「学校のマドンナとデートすることになった」

「彼女は社内のマドンナ的存在だ」

「地元ではマドンナと呼ばれるほどの美人だった」

「マドンナ」のまとめ

ここまで「マドンナ」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「マドンナ」についてまとめておきます。

「マドンナ」とは「聖母マリア」のことで転じて「男性のあこがれの女性」といった意味になった。

初めて日本で使われたのは夏目漱石の小説『ぼっちゃん』で、現代でいえばドラマのヒロインやアイドルが「マドンナ」と言われる。

 

以上、「マドンナ」の解説でした。