ネット用語

『プロ彼女』とは?意味や由来、使い方をわかりやすく解説!

プロ彼女

芸能人が結婚をするとニュースになりますよね。

その際にお相手の方が芸能人でない場合、「一般の女性と結婚」と報道されます。

この有名人と結婚した女性を表す際に使われることが多いのが「プロ彼女」です。

 

今回はそんな「プロ彼女」の意味・由来・使い方について例文をふまえて解説します。

「プロ彼女」とは?

プロ彼女」とは「芸能人や有名人とばかり付き合う一般の女性」のことです。

有名人の結婚相手として「一般女性」と報じられた女性が、実は玉の輿を狙うような女性であり、その行動がプロのようであることから”一般”の女性ではないという若干の皮肉を込めて使われる言葉です。

ただし最近では、「芸能人と結婚できるほどステータスの高い女性」という使われ方もされるようになってきています。

「プロ彼女」の由来

「プロ彼女」という言葉は2013年に日本のイラストレイター・ライターである『能町みね子さん』によって生み出されました。

当時の定義では、芸能人などを狙っているが本人自体は有名ではなく、検索をしても名前が出てこないような女性をさしていました。

「名前が出てこない」というのが大切であるとされ、自己主張をしていないにも関わらず、容姿が端麗といった理由などで有名人と付き合っている女性が当てはまるとされています。

 

その後は言葉がひとり歩きして、

・自分は目立たずとも裏方として支える女性

・容姿端麗で性格も良い

・多忙な芸能人にも合わせられるほどの度量をもつ

といった意味ももつようになりました。

 

ただし『能町みね子さん』は「一般女性と書かれているがぜんぜん一般じゃない!」という皮肉の意味を込めて、「プロ彼女」と名付けたが、現在ではいい意味で捉えられていることに困惑しているとも語っています。

 

次は「プロ彼女」の使い方をみていきます。

「プロ彼女」の使い方・例文

「プロ彼女」は以下のように使われます。

例1:「遊び人が多いプロ野球選手の彼女は、プロ彼女でないと勤まらないだろう」

例2:「今の彼女は自己主張の少ないプロ彼女だ」

例3:「有名芸能人と付き合っても全く情報が出てこない一般女性は真のプロ彼女と言える」

「プロ彼女」のまとめ

ここまで「プロ彼女」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「プロ彼女」についてまとめておきます。

「プロ彼女」とは「有名な人との交際を繰り返す女性」のこと。

芸能人が「一般の女性と結婚」と報じられた際に「本当の意味で一般人ではない!」という若干の皮肉も込めてつけられたのが語源になっている。

現在では、「表に出すぎず献身的でプロのような彼女」という良い意味でも使われている。

 

以上、「プロ彼女」の解説でした。