一般用語

『マルシェ』とは?意味や由来、使い方を解説!

マルシェ

今日はマルシェに行く予定

このように使われる「マルシェ」という言葉をご存知でしょうか?

 

「マルシェ」はイベントの名前としてつけられ、売り手と買い手がいて賑わうイベントが多いです。

語源もフランス語のため少しおしゃれな雰囲気があります。

イベントを今後開催予定の方も「マルシェ」の意味を知っておくと役に立つかもしれません。

 

今回はそんな「マルシェ」の意味・由来・使い方について例文をふまえて解説します。

スポンサードリンク

「マルシェ」とは?

マルシェ」は「市場(いちば)」という意味です。

特に屋根のない露天市場が「マルシェ」と呼ばれます。

「〇〇マルシェ」といえば、「〇〇を売っている場所」といった意味です。

例えばハンドメイドの売り買いが行われる場所は「ハンドメイドマルシェ」と呼ばれます。

「マルシェ」の語源・由来

「マルシェ」の語源となっているのはフランス語の「marché」です。

意味は日本と同様に「市場」になります。

日本では野菜はスーパーで買うことが多いですが、農業大国であるフランスでは新鮮なものが売られている露天市場の「マルシェ」で野菜を購入することが一般的です。

 

次は「マルシェ」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「マルシェ」の使い方・例文

「マルシェ」は以下のように使われます。

例1:「この間マルシェで購入したハンドメイドがとても気に入っている」

例2:「フランスでは朝のマルシェが空いている」

例3:「これらが今回のマルシェの戦利品だ」

例4:「今週末マルシェ行かない?」

例5:「マルシェが台風で延期になってしまった」

「マルシェ」のまとめ

ここまで「マルシェ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「マルシェ」についてまとめておきます。

「マルシェ」とは「市場」のこと。

主に露天市場が「マルシェ」と呼ばれる。

農業大国であるフランスにおける市場を表す「marché」に由来する。

 

以上、「マルシェ」の解説でした。