一般用語

ネットでよくみる「ネガキャン」とは?意味、使い方、由来を解説

ネガキャン

「ネガキャン」という言葉をご存知でしょうか?

ネットでよくみかける言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「ネガキャン」について解説します。

「ネガキャン」とは?

ネガキャン」とは「ネガティブキャンペーン」の略です。

これは「ライバルや競合の都合の悪い情報を流して自分が優位に立とうとすること」です。

元々は政治用語ですが現在はビジネスなどの様々な場面で使われることが多いです。

 

次は「ネガキャン」の使い方をみていきます。

「ネガキャン」の使い方・例文

「ネガキャン」は以下のように使われます。

例文1
まさひろ
まさひろ

あいつ実は裏ではやばいっていう噂だしそんないいやつじゃないよ。俺と付き合おうぜ

なな
なな

ネガキャンする人よりマシかな!

この例のように、他人の悪い情報を流して間接的に自分の評価をあげようとする行為がネガキャンとよばれます。

例文2
ありさ
ありさ

最近売り上げが不調だね。。

まさひろ
まさひろ

どうやらライバル企業がネガキャンでうちの製品の批判をしてるみたい。

「ネガキャン」の由来は?

ネガキャンの元になった言葉は「ネガティブキャンペーン」です。

ネガティブは「否定的」という意味。

キャンペーンは「安く買える期間」といった意味で使われていることが多いですが、本来は「組織的な政策」という意味です。

この2つから「組織的な否定活動」という意味になりました。

政治の場面などで自分以外の党を否定するといった意味でよく使われてきた言葉です。

現在では政治に限らず、自分にとって不利益になっているものを否定することを「ネガキャン」といいます。

「ネガキャン」はうざい?

自分の評価をあげるために周りの批判することはついついやってしまいがちですが、周りからすると「評価の一方的な押し付け」に感じて、うざがられることが多いです。

「ネガキャン」のしすぎには注意が必要になります。

「ネガキャン」のまとめ

ここまで「ネガキャン」の意味、使い方、由来についてみてきましたがいかがでしたか?

最後に「ネガキャン」についてまとめておきます。

ネガキャン」とは「ネガティブキャンペーンの略」。

ライバルや競合の都合の悪い情報を流して自分が優位に立とうとする行為が「ネガキャン」と呼ばれる。

「ネガキャン」はうざがられることも多いので、注意が必要。

 

以上、「ネガキャン」の解説でした。