アイドル用語

『ペンミ』とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

ペンミ

ペンミ全落ちほんと辛い。。

このように使われる「ペンミ」という言葉をご存知でしょうか?

 

「ペンミ」は韓国語のため、あまり馴染みのない方も多いかと思います。

主にKPOPファンの間で使われている用語です。

この記事ではこの『ペンミ』の意味や使い方について解説します。

「ペンミ」とは?

ペンミ」とは「ペンミーティング」の略です。

「ペン」は韓国語で「ファン」を意味する言葉で、「ペンミーティング」は日本でいう「ファンミーティング」にあたります。

日本で使われる場合には『BTS(防弾少年団)』などの韓国アイドルグループが行う「ファンミーティング」を「ペンミ」というケースが多いです。

「ペンミ」は何をする?「ライブ」の違いは?

「ペンミ」はライブなどの数あるアーティストによるイベントの中でもかなり人気が高いです。

通常ライブでは歌が中心に行われますが、「ペンミ」はファンとアーティストの交流に重きをおいているため、歌は全体の2割ほどで残りは雑談やゲームなどが行われます。

その人気の高さから、基本的にファンクラブに入っている会員のみにチケット応募資格があり当選率も低めのイベントです。

 

次は「ペンミ」の使い方を例文でみていきます。

「ペンミ」の使い方・例文

「ペンミ」は以下のように使われます。

例1:「ペンミアリーナきた!」

例2:「特別感が薄れるのでペンミ一般公募はやめて欲しい」

例3:「ペンミ終わったら生きていける気がしない、、」

「ペンミ」のまとめ

ここまで「ペンミ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「ペンミ」についてまとめておきます。

「ペンミ」とは「ペンミーティング」の略。

「ペン」は韓国語で「ファン」を意味し、「ペンミーティング」は日本における「ファンミ」と同じ意味になる。

ライブとは違いトークや雑談を中心にした、基本的にはファンクラブ会員限定で行われるイベント。

 

以上、「ペンミ」の解説でした。