ネット用語

『レスバ』とは?意味や由来、使い方を解説!

レスバ

またあいつレスバしてるよ

 

このように使われる「レスバ」という言葉をご存知でしょうか?

 

「レスバ」はTwitterなどのSNSでよく見かける言葉です。

聞いたことはあるけれど詳しい意味はわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

この記事ではこの「レスバ」についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「レスバ」とは?

レスバ」とは「レスバトル」の略です。

主にTwitterで使われており、「SNS上で口論をする」という意味になります。

「またあいつレスバしてるよ」とは、「またあいつSNSで口論してるよ」と言い換えることができます。

「レスバ」の由来

レスバの由来

「レスバトル」とは「response(レスポンス)」+「battle(争い)」に由来します。

「レスポンス」は「反応」という意味で、SNS上では主に特定の投稿に対する返信が「レスポンス」になります。

このSNSの投稿に対する返信をきっかけに争う(battle)ことから「レスバ」と名付けられました。

スポンサードリンク

「レスバ」の使い方・例文

「レスバ」は以下のように使われます。

例1:「芸能人と一般人がレスバしてる」

例2:「レスバするつもりないのでもう返信しないでください」

例3:「レスバ最強はひろゆき氏だろう」

「レスバ」のまとめ

ここまで「レスバ」の意味、由来、使い方についてみてきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「レスバ」についてまとめておきます。

「レスバ」とは「レスバトル」の略。

主にSNS上で口論することを「レスバ」という。

SNSで返信をすることを「レス」といい、この「レス」を通して争う(battle)ことから「レスバ」と言われるようになった。

 

以上、「レスバ」の解説でした。