ネット用語

『gdgd(ぐだぐだ)』とは?意味や使い方をわかりやすく解説!

グダる猫

デートがgdgd(ぐだぐだ)なまま終わってしまった

このように使われる「gdgd(ぐだぐだ)」という言葉をご存知でしょうか?

例えばプランをしっかりと考えずにデートをした場合、「お店についたが予約がいっぱいで入れなかった」、「次の行き先を決めるのに時間がかかった」といったことが起こります。

こういった状況を指す際によく使われるのが「gdgd(ぐだぐだ)」です。

 

日常の中では「グダる」などと言われますが、ネットでは略語が好まれるため「gdgd(ぐだぐだ)」がよく使われています。

今回はそんな「gdgd(ぐだぐだ)」の意味・使い方について例文をふまえて解説します。

「gdgd(ぐだぐだ)」とは?

gdgd」とは「ぐだぐだ」の略で、「物事がスムーズに運んでいないさま」を表す言葉です。

例えば友人から「今日の会議はgdgd(ぐだぐだ)だった」と言われれば、「今日の会議は段取りが悪く、実りのないものだった」と言い換えることができます。

また物事がスムーズに進まないことは「グダる」と言われます。

 

次は「gdgd(ぐだぐだ)」の使い方をみていきます。

「gdgd(ぐだぐだ)」の使い方・例文

「gdgd(ぐだぐだ)」は以下のように使われます。

例1:「司会が下手くそでgdgd(ぐだぐだ)な放送だ」

例2:「なんの予定も決めずにディズニーに行ったので、案の定グダッてしまった」

例3:「グダグダな配信だが謎の中毒性がある」

「gdgd(ぐだぐだ)」のまとめ

ここまで「gdgd(ぐだぐだ)」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「gdgd(ぐだぐだ)」についてまとめておきます。

「gdgd」とは「ぐだぐだ」の略。

計画性のないデートなど、物事がスムーズに進まない様を表す。

段取りが悪いまま物事が進むことを「グダる」という。

 

以上、「gdgd(ぐだぐだ)」の解説でした。