方言

『しゃっこい』とは?意味や由来、使い方をわかりやすく解説!

しゃっこい

しゃっこいラーメンが食べたい

このように使われる『しゃっこい』という言葉をご存知でしょうか?

「しゃっこい」は北海道弁のため詳しい意味はわからないという方が多いかと思います。

 

この記事ではこの『しゃっこい』の意味や由来、使い方を例文付きで解説します。

「しゃっこい」とは?

しゃっこい」とは「冷たい」という意味です。

主に東北地方で使われている北海道弁になります。

例えば「しゃっこいラーメン」と言えば、「冷たいラーメン」と言い換えることができます。

「しゃっこい」の語源・由来は?

「しゃっこい」の由来は「ひゃっこい」です。

「ひゃっこい」に漢字を当てると「冷やっこい」になります。

 

「ひゃっこい」としても使われることが多く、「ひゃっこいものが食べたい(冷たいものが食べたい)」といった使われ方をしています。

この「ひゃっこい」の「ひ」が「し」に変化したのが「しゃっこい」です。

 

次は「しゃっこい」の使い方を例文でみていきます。

「しゃっこい」の使い方・例文

「しゃっこい」は以下のように使われます。

例1:「なまらしゃっこい(かなり冷たい)」

例2:「低気圧で手がしゃっこい(低気圧で手が冷たい)」

例3:「しゃっこい牛乳飲んでお腹壊した(冷たい牛乳飲んでお腹壊した)」

「しゃっこい」のまとめ

ここまで「しゃっこい」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「しゃっこい」についてまとめておきます。

「しゃっこい」とは「冷たい」という意味。

「しゃっこい」は主に東北地方で使われている北海道弁。

「冷やっこい」→「ひゃっこい」→「しゃっこい」と変化して生まれた言葉。

 

以上、「しゃっこい」の解説でした。