ゲーム用語

『トゥルーエンド』とは?意味や使い方を解説!

トゥルーエンド

ようやくトゥルーエンドを見ることができた

このように使われる「トゥルーエンド」という言葉をご存知でしょうか?

主にゲーム界隈で使われる言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「トゥルーエンド」の意味・使い方について解説します。

「トゥルーエンド」とは?

トゥルーエンド」とは「物語における真実の終わり方」のことです。

主にゲームで用いられる言葉で、いくつかに分けられた分岐ストーリーの中でメインとなる重要なストーリーを意味します。

「トゥルーエンド」という言葉をよくみかけるのは恋愛シミュレーションゲームです。

恋愛シミュレーションゲームではヒロインそれぞれに個別のエンドが用意されていますが、いずれも短めのストーリーで物語の深い部分に迫る前に終わってしまうものが多いです。

こういった短めのストーリーではなく、物語の核心に迫るようなストーリー(多くはメインヒロインと結ばれるルート)が製作者の考える正規のルートで、「トゥルーエンド」とも呼ばれます。

「トゥルーエンド」をみるためには条件がある

「トゥルーエンド」は一番重要な話であることから、条件つきでしか見られないことも多いです。

よくあるのは各ヒロインを攻略するごとにフラグが立っていき、全てのルートを終えることでようやく「トゥルーエンド」をみられるようになるパターンです。

こうすることで小さめのストーリーである個別のルートから、徐々に盛り上げていき最終的に「トゥルーエンド」で感動を演出しています。

 

中には「トゥルーエンド」を見るためには一度バッドエンド(悪い物語の終わり方)を見なくてはならないこともあります。

この場合バッドエンドにおける伏線が、「トゥルーエンド」で解決されることも多いです。

「トゥルーエンド」と「ハッピーエンド」は異なる

幸せな終わり方を「ハッピーエンド」、不幸な終わり方を「バッドエンド」と呼びますが、「トゥルーエンド」自体には「良い」、「悪い」といった概念はありません。

「トゥルーエンド」がハッピーエンドである物語が多いですが、あくまで正規のお話が「トゥルーエンド」であるため、不幸な結末が「トゥルーエンド」になることもありえます。

 

次は「トゥルーエンド」の使い方をみていきます。

「トゥルーエンド」の使い方・例文

「トゥルーエンド」は以下のように使われます。

「ついにトゥルーエンドを迎えた」

「トゥルーエンドで涙腺崩壊」

「トゥルーエンドの条件が厳しすぎる」

「トゥルーエンド」のまとめ

ここまで「トゥルーエンド」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「トゥルーエンド」についてまとめておきます。

「トゥルーエンド」とは「物語における正規のルート」のこと。

物語の核心をあわらす「トゥルーエンド」に到達するためには様々な条件があることが多い。

 

以上、「トゥルーエンド」の解説でした。