若者用語

若者がよく使う『よき』とは?意味や由来、使い方を例文で解説!

よき

今日の服装よき!

このように使われる「よき」という言葉をご存知でしょうか?

主に若者の間で使われる言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「よき」の意味・由来・使い方について解説します。

「よき」とは?

よき」とは「良い、いいね!」といった意味です。

若者言葉にしては珍しく、意味がわかりやすい言葉ですね。

使い方もシンプルでほとんど「良い」と同じように使われ、何か嬉しいことがあった時などに、「〇〇よき」という使い方をします。

若者の間でよく使われている言葉で、『女子高生流行語大賞2016』では2位にランクインしています。

「よき」の由来

「よき」と聞くと古めかしい印象を受ける方も多いかと思います。

それもそのはずで、この「よき」の由来になっているのは古語の「よきかな」です。

『千と千尋』の河の神が言ったセリフとしても有名ですね。

「よきかな」は「よき(良い)」に感嘆を意味する「かな」がついて、「あぁいいなあ」といった意味になります。

これが若者風に省略されて「よき」として使われています。

 

次は「よき」の使い方をみていきます。

「よき」の使い方・例文

「よき」は以下のように使われます。

「昨日はぐっすり眠れたので体調よき」

「よき靴買えた」

「オフ会よきよきでした」

「よき」のまとめ

ここまで「よき」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「よき」についてまとめておきます。

「よき」とは「良い」という意味。

「今日調子よき」といった使い方をする。

元ネタは古語の「よきかな」

 

以上、「よき」の解説でした。