業界用語

『クランクアップ』とは?意味や由来、オールアップとの違いも解説!

クランクアップ

無事にクランクアップしました!

このように使われる『クランクアップ』という言葉をご存知でしょうか?

 

よく芸能人がブログなどで「クランクアップ」の報告をしているため耳にすることも多い言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

「クランクアップ」の類語には「オールアップ」もあり、混同しやすくなっています。

 

この記事ではそんな『クランクアップ』の意味や由来、使い方を例文付きで解説します。

「クランクアップ」とは?

クランクアップ」とは「全ての撮影が完了した」という意味です。

主に映画やドラマの撮影現場で使われる用語で、アニメ制作などにはあまり使われていません。

「クランクアップ」の語源・由来は?

「クランク」とは「手回しのハンドル」を指す言葉で、かつては「クランク」によって映画の撮影が行われていました。

この「クランク」に完了を意味する「up(アップ)」がつくことで「クランクアップ」が「撮影完了」になりました。

また映画の撮影を開始することは「クランクイン」と呼ばれます。

「クランクアップ」と『オールアップ』の違い

「クランクアップ」の類語は「オールアップ」です。

この「オールアップ」は「俳優さん個人の撮影が全て完了」という意味です。

 

「オールアップ」はあくまで特定の個人の撮影完了のため、「オールアップ」したとしても作品全体の撮影は完了ではありません。

オールとかいてあるため少しわかりずらいですが、「オールアップ」 < 「クランクアップ」になります。

 

次は「クランクアップ」の使い方を例文でみていきます。

「クランクアップ」の使い方・例文

「クランクアップ」は以下のように使われます。

例1:「皆様のおかげで無事にクランクアップすることができました」

例2:「クランクアップおめでとうございます!」

例3:「クランクアップ後の不祥事発覚は取り返しがつかない」

「クランクアップ」のまとめ

ここまで「クランクアップ」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「クランクアップ」についてまとめておきます。

「クランクアップ」とは「全ての撮影が完了」という意味。

かつて映画の撮影に利用されていた「クランク」に由来し、撮影を開始することは「クランクイン」と呼ばれる。

「クランクアップ」は「全ての撮影が完了すること」であるのに対して、「オールアップ」は個人単位での撮影完了を意味する。

 

以上、「クランクアップ」の解説でした。