業界用語

パチンコでよく聞く『確変』とはどういう意味?日常会話での使い方も解説!

確変

確変引いた!

このように使われる「確変」という言葉をご存知でしょうか?

主にパチンコで使われる言葉ですが、日常会話の中で使われることもあるので覚えておくと便利です。

今回はこの「確変」の意味・使い方について解説します。

スポンサードリンク

「確変」とは?

確変」とは「確率変動」の略です。

主にパチンコなどのギャンブルで用いられています。

パチンコでは玉を打った瞬間に当たるかどうかが抽選されますが、通常時であれば1/100から1/400の確率で当たりを引きます。

ただしこの確率は通常時の確率であり、当たりを引いて右打ちになった状態では1/50などの高確率で当たりを引くようになります。

この当たりやすくなった状態が「確変」と呼ばれます。

機種によって異なりますが、通常の機種であれば1度「確変」になると次の当たりを引くまでは「確変」が継続し、再度当たりを引いた際に「確変」が継続するかが抽選されます。

この通常機に対してST機と呼ばれる機種では「確変」を引いても、当たりやすくはなるものの、次の当たりは保証されないので「確変」のまま終了してしまうことがある点に注意が必要です。

日常会話における「確変」

上述のとおり「確変」はギャンブルで用いられることが多いですが、日常会話の中で使われることもあります。

この場合の「確変」は「いいことが重なる時期」といった意味で用いられます。

例えば普段あまり告白されることのない人が「一ヶ月の間に三人に告白された」というケースでは、「通常の確率では起こらないことが立て続けに発生する」という意味で、「確変に入った」などと言われます。

スポンサードリンク

「確変」の使い方・例文

「確変」は以下のように使われます。

例文1
まさひろ
まさひろ

確変引いても当たらずに終わること多すぎる

ゆうすけ
ゆうすけ

ST機あるあるだね〜

例文2
まさひろ
まさひろ

またビンゴで1位になった!今月2回目!

ゆうすけ
ゆうすけ

確変に入ってるな!

「確変」のまとめ

ここまで「確変」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「確変」についてまとめておきます。

「確変」とは「確率変動」の略。

パチンコにおける用語で、通常時よりも当たる確率が上昇している状態を「確変」という。

「短期間の間に複数回告白される」など通常起こらないことが立て続けに発生することも「確変」と呼ばれる。

 

以上、「確変」の解説でした。