業界用語

パチンコでよくきく『テンパイ』とは?意味、語源、使い方を解説!

テンパイ状態

7のテンパイきた!

このように使われる「テンパイ」という言葉をご存知でしょうか?

ギャンブルで耳にする言葉ですが、くわしい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「テンパイ」の意味・語源・使い方について解説します。

スポンサードリンク

「テンパイ」とは?

テンパイ」とは「リーチ状態」のことです。

パチンコなどでよく使われる言葉で、例えば同じ図柄が2つ揃って残り1つで当たりになる状態を「テンパイ」と呼びます。

仮に7図柄が2つそろっている場合には「7テン」といい、「テンパイ」から当たりを逃すことは「テンパイ外し」と呼ばれます。

「テンパイ」の語源・由来

「テンパイ」はもともと麻雀用語で、「役があと1つで完成し上がる直前」を表す用語です。

ここから転じて、パチンコなどのギャンブルでもリーチ状態を「テンパイ」とよぶようになりました。

なお日常で使われている緊張状態を表した「テンパる」も、この「テンパイ」に由来する言葉です。

 

次は「テンパイ」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「テンパイ」の使い方・例文

「テンパイ」は以下のように使われます。

例文1
まさひろ
まさひろ
7テンきた!
ゆうすけ
ゆうすけ
当たったらおごりね!

例文2
ゆうすけ
ゆうすけ
さっきから熱めのテンパイ全部外すんだが。。
まさひろ
まさひろ
今日はツイてない日なんじゃない?

「テンパイ」のまとめ

ここまで「テンパイ」の意味、語源、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「テンパイ」についてまとめておきます。

「テンパイ」とは「リーチ状態」のこと。

7の図柄が2つ揃っている状態は「7テン」

麻雀において「役があと1つで完成する状態」を意味する「テンパイ」から転じて日常生活でも「リーチ」などを意味する言葉として用いられるようになった。

 

以上、「テンパイ」の解説でした。