ビジネス用語

「ダイバーシティ」とは?意味や使い方を解説!

ダイバーシティ
まさひろ
まさひろ

これからのうちの会社にはダイバーシティが求められると思うんだよ

なな
なな

うわ、なんか難しい言葉使おうとしてる

 

この「ダイバーシティ」について解説します。

 

スポンサードリンク

ダイバーシティとは?

ビジネスにおいて「ダイバーシティ」という言葉を見かける方も多いのではないでしょうか?

意味をみてみます。

ダイバーシティ」とは「多様性」という意味です。

語源は英語の「diversity」です。

人間はそれぞれ、「性別」、「人種」、「性格」、「趣味」、「思考」など何かしらの違いがあります。

こういった個性を否定せずに受け入れるという考え方が「ダイバーシティ」です。

ビジネスにおけるダイバーシティ

「ダイバーシティ」は特にビジネスにおいて注目されています。

ビジネス上における「ダイバーシティ」は、組織を構成する社員がそれぞれ持っている「国籍」、「年齢」、「性別」といった違いを企業が受け入れて、企業力の向上に繋げようとする考え方です。

このような個々の違いを受け入れて生かしていく考え方は「ダイバーシティマネジメント」とも呼ばれます。

まさひろ
まさひろ

同じような人ばかりじゃつまらないし、柔軟な発想も生まれないよね

今後ダイバーシティの重要性はますます高まる

企業にとって「ダイバーシティ推進」はますます重要になってきています。

その理由の1つにグローバル化があります。

年々グローバル化が進む中で、自国のみで戦っていくことは企業にとって難しい時代になってきました。

このグローバル化していく社会の中では、自国の人間だけでなく様々な国の社員を増やして多様性を高めることがとても大切です。

まさひろ
まさひろ

楽天では特に外国人の登用によるダイバーシティを推進しているね

また、少子化が進む日本においては「ダイバーシティの推進」は大きな課題です。

今後は育休制度による女性の支援や外国人の雇用といった取り組みなくして、少子化対策は難しいといえます。

なな
なな

「ダイバーシティ政策」は少子高齢化対策の一環でもあるんだ

スポンサードリンク

ダイバーシティの使い方・用例

「ダイバーシティ実現に向けた試み」

「これからの企業はダイバーシティが求められる」

「ダイバーシティ促進は少子高齢化対策にも繋がる」

まとめ

ダイバーシティ」とは「個性を受け入れる」という考え方のこと。

グローバル化や少子高齢化の中で、ますます「ダイバーシティ推進」は大切になっていく。

 

以上、「ダイバーシティ」の解説でした。

 

なな
なな

多様性も大切だから、私はニートの社員になるね

まさひろ
まさひろ

ニートな時点で社員ではない