アイドル用語

アイドルオタク用語の『干す』とは?意味や由来を解説!

干す

最近現場干し気味

このように使われる「干す」という言葉をご存知でしょうか?

 

「干す」といえば「布団を干す」が思い浮かぶかと思いますが、オタクが使う「干す」は異なった意味で使われています。

今回はそんな「干す」の意味・由来・使い方について例文をふまえて解説します。

「干す」とは?

干す」とは「行く予定だったアイドルイベントへの参加を止める」という意味です。

例えば「今日熱あるからイベント干すわ」という会話は、「熱のためイベントに行くのをやめる」と言い換えることができます。

またアイドルのイベント以外でも、「大学の1限干すわ(1限休む)」のように使われるケースもあります。

「干す」の語源・由来

「干す」の由来は、「お花に水をあげない(干す)」ことからきています。

水をあげないとお花が枯れてしまうように、イベントに悪い影響を与える行為(不参加)のことを、水をあげないから取った「干す」というようになりました。

 

次は「干す」の使い方をみていきます。

「干す」の使い方・例文

「干す」は以下のように使われます。

例1:「急遽仕事入ってしまったので今週のイベントは干す」

例2:「抽選当たれば仕事干す予定」

例3:「怠かったので今日は大学干した」

「干す」のまとめ

ここまで「干す」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「干す」についてまとめておきます。

「干す」とは「もともと参加予定だったアイドルのイベントの参加をやめること」

「干す」は「お花に水をあげずに枯らす行為」に由来する。

アイドルイベント以外でも、「1限干す(1限休む)」のように使われることもある。

 

以上、「干す」の解説でした。