ネット用語

「陰キャ」とは?意味、特徴、改善方法について解説します!

陰キャ

陰キャとは?

陰キャ」について解説します。

陰キャとはどのような意味を持つのでしょうか?

陰キャ」とは「暗い人」という意味です。

「陰気(いんき)なキャラクター(性格)の略で「陰キャ」になります。

ネガティブなイメージをもつ言葉です。

「陰キャ」の反対は「陽キャ」です。

太陽と陰(かげ)からもわかるように、明るい存在が「陽キャ」、陰にあたる暗い存在が「陰キャ」と言われます。

 

「陰キャ」と言われる人にはどのような特徴があるのでしょうか?

陰キャの特徴

「陰キャ」の特徴をみてみます。

陰キャの外見的な特徴

メガネをかけている

メガネ

陰キャはメガネ率がかなり高いです。

「メガネ=外で遊ばない」というイメージがあるのかもしれません。

明るい人はコンタクト率が高いです。

髪が目にかかっている

長髪

ぼさぼさで目にかかってしまうほど長い髪を、切らないままにしてしまっています。

髪で目を隠す人は、自信のない顔を隠しているとも考えられます。

また美容院にすら行くのが億劫という人もいます。

服がよれよれ

服

身だしなみに興味がないので、アイロンがかかっていない、よれよれのシャツを着ている率が高いです。

シャツは目立つので、シワが目立たないような服を着た方が良いかもしれません。

陰キャの性格的な特徴

陰キャと言われる人は、外見というよりも、どちらかというと性格的な面から判断されることが多いです。

暗い

暗い人

陰という言葉からも連想できるとおり、とにかく暗いイメージが強いです。

「声が小さくて何を話しているのかわからない」、「質問をされた時だけ答えて、自分から話しかけることがない」といった傾向にあります。

社交性が低い

社交性

概して社交性が低くほとんど外に出ることがなく、極力飲み会などは断る人が多いです。

また高確率でSNSが嫌いです。

アニメ・ゲームが好き

オタク

外に出るのが嫌いで必然的に家にいることになるので、現実逃避ができるアニメやゲームにハマっている人が多いです。

陽キャとは?

陽キャ

「陽キャ」は「陰キャ」の反対です。

 

「陽キャ」には、以下のような特徴があります。

陽キャの特徴

明るい

声が大きい

社交的

SNSが好き

オシャレ

陰キャのメリット

基本的には、陽キャな人の方がメリットは多そうですが、陰キャにもメリットはあります。

自分の時間が保てる

自分の時間

「陽キャ」の場合、基本誘われたら断れないので必然的に飲み会なども多く、また交友関係も広いため自分の時間が少ない人が多いです。

その点「陰キャ」の場合には、そういったことに時間が取られることがないので自分のために時間を使うことができます。

この時間を使ってビジネスなどで成功できれば、陽キャよりも充実していると言えるはずです。

自分に嘘をつかなくてすむ

嘘

実は「陽キャ」の中には、周りに変な風に思われたくないから、仕方なく「陽キャ」を演じている人も少なからずいます。

そういった偽りをしなくて済むことはメリットといえるかもしれません。

陰キャの改善方法

「陰キャ」の特徴を見たことで、改善点も見えるはずです。

「陰キャ」の原因は内面にあることが多いですが、内面はそう変わるものではありません。

基本的には、外見のように環境が変わるとそれに伴って内面も変わるので、まずは外見を変えると良いでしょう。

ポイントは以下になります。

コンタクトレンズにする

コンタクトレンズ

基本的にメガネはあまりいい印象は与えられないので、コンタクトにしてしまうのが良いです。

もしくは黒縁メガネのようなおしゃれなメガネにするのも選択肢の1つです。

パーマをかける

パーマヘア

男性はあまり髪型を意識しませんが、髪型はかなり印象が変わります。

ただ、毎日ヘアアイロンやワックスをするのが面倒だと思う人が多いと思うので、そんな時にオススメなのがパーマです。

パーマをかけてしまえば髪が長くてもおしゃれに見えるので、だいぶ印象が変わり、毎日の手入れも不要という一石二鳥の効果が得られます。

シャツはアイロンをかける

キレイな服装

あまり意識しないかもしれませんが、よれよれのシャツはかなり印象が悪いです。

アイロンをかける、もしくはシワになる服は着ないというだけでも印象は大きく変えられます。

陰キャまとめ

陰キャ」とは「暗い人」という意味。

陰キャには「声が小さい」、「暗い」、「SNSが嫌い」といった特徴がある。

改善するためには「コンタクトレンズにする」、「パーマをかける」、「シャツにアイロンをする」など外見から整えるのが良い。

 

以上、「陰キャ」についてでした。