ゲーム用語

ゲーム用語の『火力』とは?意味や使い方を解説!

火力

火力が全然足りない

このように使われる「火力」という言葉をご存知でしょうか?

 

「火力」と聞けば、料理における火の強さを思い浮かべる方が多いかと思いますが、ゲームにおいては異なった意味で用いられています。

初めて聞いた場合、どういう意味なのかわかりにくいですよね。

 

この記事ではこの「火力」についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「火力」とは?

火力」とは「相手に与えられるダメージ量」という意味です。

よく「火力が足りない」といったように使われますが、これは「相手に与えるダメージ量が不足している」といった意味になります。

類語は「攻撃力」ですが、少し意味合いが異なります。

「火力」と「攻撃力」の違い

「火力」に似た言葉としてよく使われるのが「攻撃力」です。

微妙な違いではありますが、攻撃力というのはあくまでパラメータのことで、実際に出るダメージのことを「火力」といいます。

「攻撃力→255 火力→9999」と考えるとわかりやすいかもしれません。

「火力」が足りない要因

ゲームにおいて相手に与えるダメージ量である「火力」は様々な要因によって決められます。

「火力」は攻撃力にのみ依存するものではなく、相手との相性にも影響されます。

 

火力不足の際には、

・そもそもの攻撃力が足りない

バフやデバフをうまく使えていない

・パーティー構成が悪い

など様々な要因が考えられます。

 

次は「火力」の使い方をみていきます。

スポンサードリンク

「火力」の使い方・例文

「火力」は以下のように使われます。

例文1
ゆうすけ
ゆうすけ

ボス全然削れないな

ありさ
ありさ

この火力じゃ倒すの難しいかも

例文2
まさひろ
まさひろ
このデッキどうかな?
ゆうすけ
ゆうすけ
ちょっと火力不足だね、もう少しパワーのあるカードを入れてみてもいいかもね!

「火力」のまとめ

ここまで「火力」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「火力」についてまとめておきます。

「火力」とは「相手に与えられるダメージ量」という意味。

攻撃力はあくまで攻撃の際のパラメータであり、「火力」の要因として攻撃力がある。

「火力」は相手にも依存するため、攻撃力だけでなくバフ、デバフや、パーティー構成などを見返すことで「火力」を上げることができる。

 

以上、「火力」の解説でした。