オタク用語

『ライトノベル』とは?意味や一般小説との違いを解説!

ラノベの女の子

ライトノベルがアニメ化決定

このように使われる「ライトノベル」という言葉をご存知でしょうか?

深夜アニメなどを知ろうとすると必ずといっていいほど出てくるワードが「ライトノベル」です。

 

オタク文化に少し興味をもち始めたばかりの方の中には「普通の小説と何が違うんだろう?」と思う人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな「ライトノベル」の意味・由来・使い方について例文をふまえて解説します。

「ライトノベル」とは?

ライトノベル」は日本における小説のジャンルの1つで、「若者を主なターゲットとして、読みやすく書かれた娯楽小説」のことです。

よく略されて「ラノベ」とも言われています。

英語で「軽い」という意味の「light(ライト)」に由来する「ライトノベル」は、小難しいことは書いておらず気軽に読むことができる小説です。

「ライトノベル」と「一般小説」の違い

「ライトノベル」と一般小説の大きな違いは挿絵の有無です。

一般的な小説は文字のみの構成ですが、ライトノベルは絵柄も重視しているため文庫の制作にイラストレーターも入ることが大きな特徴です。

多くの「ライトノベル」では、1冊の中に5〜10程度の挿絵が入っています。

またレーベルによっても一般小説と「ライトノベル」の分類は可能で、『電撃文庫』のようレーベルから出版されている文庫は「ライトノベル」と呼ばれます。

ライトノベルの特徴

「ライトノベル」を読む層は深夜アニメを見る層と被っています。

実際売り上げのある「ライトノベル」のほとんどが深夜アニメ化されます。

扱う内容についても、深夜アニメが好きな層に好まれる「学園生活もの」でかつ、男主人公に対して複数のヒロインがいるハーレム作品が多いです。

 

次は「ライトノベル」の使い方を例文でみていきます。

「ライトノベル」の使い方・例文

「ライトノベル」は以下のように使われます。

例1:「あいつはライトノベルの主人公並みに鈍感だ」

ラノベの主人公は鈍感でフラグを折りおりまくることに定評があります。

例2:「今週末はラノベでも読んで過ごそう」

例3:「好きなライトノベルのアニメ化が決定した」

「ライトノベル」のまとめ

ここまで「ライトノベル」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「ライトノベル」についてまとめておきます。

「ライトノベル」とは「若者向けに読みやすく書かれたライトな娯楽小説」

一般小説と違い「ライトノベル」にはイラストレーターがついており、複数の挿絵が小説に含まれている。

ラノベが好きな層は深夜アニメを好きな層と被るため、人気の「ライトノベル」はほとんどがアニメ化される。

 

以上、「ライトノベル」の解説でした。