一般用語

「mariage(マリアージュ)」とは?意味と使い方を解説!

マリアージュ
まさひろ
まさひろ

新しくできたお店美味しかった!

ありさ
ありさ

お肉とワインの絶妙なマリアージュだったね

 

この「マリアージュ」について解説します。

 

マリアージュとは?

マリアージュ 結婚

マリアージュとはどういう意味なのでしょうか?

マリアージュ」とは「互いが互いを引き立てあう組み合わせ」という意味です。

語源はフランス語で「mariage:結婚」になります。

あるものとあるものが互いを引き立てあうような場合、「○○と△△のマリアージュ」という表現をします。

元々は「ワイン」と「料理」の組み合わせのみに使われていましたが、最近ではもっと広く使われることも多いです。

マリアージュの使い方

ワインのマリアージュお肉とワインの絶妙なマリアージュ

「マリアージュ」はワインと料理の組み合わせにおいてもっとも使われます。

この例の「マリアージュ」はお肉とワインがそれぞれを「引き立てあっている」という意味です。

 

洋食店にいくとドリンクにはワインがよく出されませんか?

ワインは洋食ととても相性がよく、お互いを引き立てる組み合わせです。

そのため、どの料理でも同じワインを出すということはなく、各料理に合わせて「マリアージュ」する組み合わせが提供されているんです。

まさひろ
まさひろ

組み合わせで料理の印象は大きく変わるね

 

一般的には「重い料理には重いワイン」、「軽い料理には軽いワイン」が相性がいいとされてます。

例えば、洋風の肉料理にはアルコール度数の高いワイン、和食系の料理にはアルコール度数が低めのワインがよく合います。

ワイン以外のマリアージュ

マリアージュ

「カレーと海老マヨの禁断のマリアージュ」

この例でも「お互いを引き立てあう組み合わせ」という意味で、「マリアージュ」が使われています。

最近ではワイン以外でもお互いを引き立てあう料理と料理の組み合わせについて「マリアージュ」が使われるようになりました。

ありさ
ありさ

カレーと海老マヨってあうのかな?

マリアージュの使い方・用例

「煮干しと鶏の絶妙なマリアージュは近未来的な一杯」

「カレーと海老マヨの禁断のマリアージュ」

「ウニ×トロのマリアージュを楽しめるウニトロ寿司」

マリアージュのおさらい

マリアージュ」とは「互いが互いを引き立てあう組み合わせ」という意味。

語源はフランス語のmariage(結婚)に由来する。

ワインと料理の絶妙な組み合わせに対して使われることが多い。

 

以上、「マリアージュ」の解説でした。

 

まさひろ
まさひろ

バターに衣をつけ、油で揚げたフライドバターも禁断のマリアージュだね

ありさ
ありさ

絶対太るよ〜!