ゲーム用語

ゲームでよくみる『ss』とは?意味や使い方を解説!

ss

ss撮ってチーターを通報しよう

このように使われる「ss」という言葉をご存知でしょうか?

主にゲーム界隈で使われる言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「ss」の意味・使い方について解説します。

「ss」とは?

ss」とは「スクリーンショット」の略で、「スクショ」とも呼ばれます。

これは簡単に言えば「画面キャプチャ」のことです。

画面のキャプチャを取ることを「ssを撮る」と言います。

「ss」を撮る場面

オンラインゲームなどをやっていると様々な「ss」を撮る場面があります。

戦闘で優秀な戦績をおさめたとき

オンラインゲームの対人戦では対戦終了時にリザルト(結果画面)が出るようになっています。

この成績が素晴らしいものであった時などは「ss」をとってTwitterなどに貼ることで周りにアピールすることができます。

運営へのチート報告

オンラインゲームには不正を行う「チーター」がつきものです。

チーターは明らかにおかしいデータになっていることもあるため、証拠写真として「ss」を撮って運営に送ることでチーター対処の依頼をすることができます。

思い出の記録

日常生活の中ではカメラを使って思い出を保管しているかと思います。

ゲームでも同様に「ss」を撮ることで写真の代わりになります。

何かと「ss」を撮っておくと、あとで見返した時に感慨深くなることも多いのでオススメです。

 

次は「ss」の使い方をみていきます。

「ss」の使い方・例文

「ss」は以下のように使われます。

「チート乙、ss撮ったから通報します」

「今日めちゃ戦績よかったからss貼らせて!」

「昔撮ったss見返してたら感慨深くて涙が出てきた」

「ss」のまとめ

ここまで「ss」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「ss」についてまとめておきます。

「ss」とは「スクショ」の略。

画面キャプチャが「スクショ」と呼ばれ、「戦績の共有」、「チーター報告時の証拠写真」、「思い出としての保管」など様々な場面で使われている。

 

以上、「ss」の解説でした。