ゲーム用語

『TRPG』とは?意味や使い方を3つの例文で解説!

10面ダイス

久々にTRPGでもやろう

このように使われる「TRPG」という言葉をご存知でしょうか?

ゲームジャンルの1つとして見かける言葉ですが、詳しい意味はわからないという方も多いかと思います。

今回はこの「TRPG」の意味・使い方について例文をふまえて解説します。

「TRPG」とは?

TRPG」とは「テーブルトークロールプレイングゲーム」の略です。

簡単にいえば、「電気を使わないRPGゲーム」を意味します。

「TRPG」の遊び方

RPGといえば、TVゲームで行うことが基本です。

このRPGを「テーブル(机)」で行うのが「TRPG」になります。

RPG要素の強いボードゲームのようなものをイメージするとわかりやすいです。

「TRPG内」の役割

「TRPG」には、

・GM

・PL

・PC

という3つの役割があります。

GM

「GM」はゲームマスターの略です。

TRPGにおける進行役を担当します。

PL

「PL」はプレイヤーの略です。

これは「TRPG」を実際にプレイする人を表し、「PL」の指示によって「PC」の行動が決まります。

PC

「PC」はプレイヤーキャラです。

「PL」によって行動するゲームの主役が「PC」になります。

「TRPG」におけるシナリオ

「TRPG」はあくまでゲームのジャンルを表す言葉で、実際に遊ぶためには「シナリオ」が必要になります。

TRPGがゲームのハード、シナリオがゲームのソフトのようなイメージです。

シナリオには様々なものがありますが、架空の神話である「クトゥルフ神話」をモチーフにした『クトゥルフ神話TRPG』などが有名です。

シナリオによってゲームのルールが定められているものもあります。

「TRPG」の遊び方

「TRPG」に必要なのは「紙」、「ペン」、「サイコロ」です。

紙とペンはキャラクターのステータスのメモなどに使われます。

サイコロはゲーム上でイベントが起こった際のステータスの変動や攻撃の当たり判定などに使われます。

 

次は「TRPG」の使い方をみていきます。

「TRPG」の使い方・例文

「TRPG」は以下のように使われます。

「TRPG用のシナリオが完成した」

「TRPGの醍醐味は自由度にある」

「たまには電子ゲームではなくTRPGで遊ぼう」

「TRPG」のまとめ

ここまで「TRPG」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「TRPG」についてまとめておきます。

「TRPG」とは「テーブルトークロールプレイングゲーム」の略。

TVなどの電気を使わずに机の上でトークをしながら行うRPGが「TRPG」と呼ばれる。

TRPGにおけるソフトともいえるシナリオとしては「クトゥルフ神話」もモチーフにした『クトゥルフ神話TRPG』などが有名。

 

以上、「TRPG」の解説でした。