SNS用語

Twitter用語の『巡回』とは?意味や使い方を解説!

巡回

ファボくれたら巡回します

このように使われる「巡回」という言葉をご存知でしょうか?

 

本来「巡回」は「各地を回り歩く」といった意味で使われます。

ここから派生してツイッターでも、仲良くなりたい人を探す時などに使われている言葉です。

 

今回はそんな「巡回」の意味・使い方について例文をふまえて解説します。

「巡回」とは?

巡回」とは「フォロー対象を探す」という意味です。

よく見かけることが多い「ふぁぼしてくれたら巡回します」とは、「ツイートをお気に入りしてくれた人のプロフィールを確認して、気が合いそうならフォローする」と言い換えることができます。

「巡回」と「お迎え」の違いは?

「巡回」の類義語は「お迎え」です。

「お迎え」も巡回と同様に「ふぁぼくれたらお迎えします」のように使われ、「お気に入りしてくれたらフォローします」といった意味になります。

「巡回」の場合は「プロフィールを確認して気が合いそうならフォローする」のに対して「お迎え」は「プロフィールに関係なくフォローする」といったニュアンスが強いです。

 

次は「巡回」の使い方を例文でみていきます。

「巡回」の使い方・例文

「巡回」は以下のように使われます。

例1:「らぶりつで巡回します!」

例2:「RTを中心に巡回、気が合いそうなら無言フォロー失礼します」

例3:「ふぁぼリツのんびり巡回です」

「巡回」のまとめ

ここまで「巡回」の意味、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「巡回」についてまとめておきます。

「巡回」とは「フォロー対象を探す」という意味。

「ふぁぼしてくれたら巡回」のように使われ、お気に入りしてくれたらプロフィール確認させていただきます」といった意味合いでよく使われる。

フォロー率の高い「お迎え」と異なり、「巡回」は必ずフォローをするわけではない。

 

以上、「巡回」の解説でした。