一般用語

『タピる(たぴる)』とは?意味や使い方、流行っている理由も解説!

タピる

2019年の中でもひときわブームになったのは「タピオカ」ではないでしょうか?

そんなタピオカから生まれた言葉が「タピる」です。

毎年恒例になっている『新語・流行語大賞』の2019年の候補にも選ばれています。

街中のタピオカ店の繁盛ぶりを考えてもこの「タピる」が流行語大賞に選ばれる可能性は大いにありそうです。

 

今回はそんな「タピる」の意味、由来、使い方を解説します。

「タピる」とは?

タピる」とは「タピオカドリンクを飲む」という意味です。

「カラオケをする」ことを「オケる」というように、若者はよく「体現 +る」で省略語を作ります。

この「タピる」も「タピオカを飲む」から派生して「タピる」になっています。

例えば「今日タピろう」と言われたら、「タピオカ店に行こう」と言い換えることができます。

「タピる」が流行った理由は?

「タピる」が流行ることは、「タピオカ」の流行と言い換えることができます。

近年急速に流行ったと思われがちな「タピオカ」ですが、実はこれまでに2度のブームが起こるなど歴史のある飲み物です。

第一次タピオカブーム(1990年代後半)

台湾のチェーン店が日本に進出し、一躍人気のドリンクに!

第二次タピオカブーム(1990年代後半)

再び台湾のブランドが黒いタピオカ入りのタピオカミルクティーを日本に持ち込み、人気に火が付く。

こうした経緯を経て2019年現在、第三次タピオカブームが起こっています。

タピオカ専門店が次々できるなど長い間ブームになっているタピオカですが、流行している理由はSNSの台頭です。

 

現代の若者にとってSNSの充実はその人にとっての1つのステータスになっています。

このSNSの充実に大きな価値をもつのが、「インスタにイケてる写真を投稿すること」を意味する「インスタ映え」ですが、タピオカはつぶつぶや容器の可愛さなどから「インスタ映え」に適した飲み物なのです。

「#タピる」という「ハッシュタグ」とともに様々な「映え投稿」がされています。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@ryuma2689がシェアした投稿

「タピる」=「インスタに写真を投稿する」と言い換えても過言ではないかもしれません。

 

次は「タピる」の使い方を例文でみていきます。

「タピる」の使い方・例文

「タピる」は以下のように使われます。

例1:「そのへんでタピるか」

例2:「ドトールでタピる!」

例3:「今日は仕事頑張ったから、ご褒美にタピる」

「タピる」のまとめ

ここまで「タピる」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「タピる」についてまとめておきます。

「タピる」とは「タピオカを飲む」という意味。

「グダグダする」を「グダる」と略すように、「タピオカ」と「る」を組み合わせた若者による造語。

「タピる」の流行の背景にはSNSの流行と「インスタ映え」が関係している。

 

以上、「タピる」の解説でした。