オタク用語

『夢女子』とは?意味や由来、夢女子あるあるについても解説!

夢女子

小説などのフィクションの楽しみ方は人それぞれ異なります。

あくまでフィクションの世界と割り切り客観的に楽しむ人もいれば、自分をフィクションの世界に投影させたいと考える人もいます。

『夢女子』はこの後者にあたり、主に女性向けのフィクション作品界隈でよく用いられている言葉です。

この記事ではそんな『夢女子』の意味や由来、使い方について解説します。

「夢女子」とは?

夢女子」とは「二次元世界に自己投影する女性」という意味です。

主にフィクションの世界に自分を投影させることで、二次元男性キャラと自分の恋愛を楽しむ女性を指します。

「(二次元キャラとの恋愛を)夢見る女子」を略して「夢女子」です。

「腐女子」と「夢女子」の違い

「夢女子」以外にも二次元の男性を好む女性を表す言葉には「腐女子」があります。

この「腐女子」と「夢女子」の違いは「自分が主体になっているか?」です。

「腐女子」はあくまでも作品の登場人物だけのやり取りを楽しみ、作品と自分を分けているのに対して、「夢女子」は自分を作品に投影させて「自分と二次元キャラの恋愛を楽しむ」という違いがあります。

「夢小説」とは?

「夢女子」にとって楽しめるジャンルの1つが「夢小説」です。

「夢小説」とは「登場キャラの名前を自分の名前へ変換する機能がついた小説」のことです。

夢小説投稿サイトに実装された名前変換機能を利用することで、作品に登場するキャラクター名が自分の名前に置き換わる仕組みになっており、自己投影が好きな「夢女子」に特に好まれる小説のジャンルになっています。

「夢女子あるある」

「夢女子」ならではの「あるある」をいくつか紹介します。

・日常的に妄想してる

・気がつけばブラウザのブックマークがほとんど夢小説

・ブックマークしてたはずのお気に入り夢サイトが見つからなくなる

・随分前に読んだ小説を読みたくなって探しまくるが見つからない

Twitterでみかけた「夢女子あるある」

Twitterでは「#夢女子あるある」というハッシュタグで「夢女子」ならではの「あるある」が多く共有されています。

 

次は「夢女子」の使い方を例文でみていきます。

「夢女子」の使い方・例文

「夢女子」は以下のように使われます。

例1:「夢女子なので日常から妄想ばかりしている」

例2:「読み返したい夢小説が見つからない夢女子あるあるには本当に同意したい」

例3:「夢女子の私だが「おばみつ」という最強カップルの存在を知って完全敗北した」

「夢女子」のまとめ

ここまで「夢女子」の意味、由来、使い方について見てきましたがいかがだったでしょうか?

最後に「夢女子」についてまとめておきます。

「夢女子」とは「二次元のキャラクターとの恋愛を妄想する女性」のこと。

通常のオタクとは異なり、キャラクター同士のかけあいではなく、自分とキャラクターのやり取りの妄想を好む。

「夢女子」は登場人物のキャラクター名を自分の名前に変更できる「夢小説」を好む人が多い。

 

以上、「夢女子」の解説でした。